深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/12/10 Saturday

SHUFFLE! #21

カテゴリー:  

SHUFFLE! 第21話「気持ちの行方」。
あらら?、意外とアッサリ決着付いちゃいましたねー。まあ亜沙の動きで三人の和解へ・・・と、大筋では予想通りの展開ではあったんですが、予想したよりかなり速い進行でちょっと拍子抜けしてるのが正直なところ。てかいくらなんでも決着早すぎだろー。

てなわけで現時点ではほぼ亜沙ENDが確定してるわけですが、この進行の速さが意外に曲者だったりして・・・。
これがラス前ならこのままゴールへ雪崩れ込みなんですけど、まだ3話も残ってますからねー。まだ一波乱残ってる気配が濃厚。終わるまでは原作にはノータッチと決めてますからまだまだワクワクできそうな気がしますよ。

でも今回は序盤からかなり色調変えてきてましたねー。最初カラーバランス狂ったかと驚きましたよ。アイキャッチまでには演出だってわかりましたけど。





今回もっとも意外だったのは2話続けてかなり病的に壊れた感じだった楓が自力でかなり持ち直してたこと。普通ならあそこから自分ひとりで立ち直るのはかなり難しいですからねぇ。こればっかりは稟にはどうしようもないし。飛び出した先でバッタリ亜沙に出くわしても取り乱さなかったのは既に諦観の域に達してたってことでしょうね。そうでなければ今回のお話自体が成り立たないし。

まあ劇中でもそれなりに時間が経過してたみたいですから、それが一番大きいのかな。前回のプリムラの説教もそれなりに効いてたみたいだし。それにしても楓、強い子や。(ノД`)・゚・。
でもって亜沙もやっぱり心の奥底では楓のことを気にしてたってわけで。まあかなり起伏はありましたけどここ3話の亜沙のはしゃぎっぷりにも一応の説明はついてますね。ちょっと強引な気もしますけど。

でもやっぱり今回も楓はキツイ立場やなあ。覚悟していたこととは言え亜沙と対峙したすぐその後に稟からも“一緒にいて欲しい相手”は自分じゃないなんてことハッキリ突きつけられてるし。それなりのフォローはあったにせよやっぱ辛いわな。プリムラがその辛さを少しでも癒してくれることを期待するのみ。

でもってここのところの修羅場には一応の決着がついて現時点では亜沙END確定なわけですが、17話終了の時点での危惧は未だ健在。残り話数がまだ3話もありますよ。これはラス前にもう一波乱起こるには充分な話数。いくらなんでもこのまますんなり終りってのは考え難いですからねー。

次回は稟が楓の家をとうとう出ることになるようですね。予告ではなんだかいきなり亜沙と同居!?みたいな感じになってますがどうなることやら。
でもそんなことよりネコミミ&しっぽのプリムラが!なにー!?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト