深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/12/9 Friday

灼眼のシャナ #10

カテゴリー:  

灼眼のシャナ 第10話「絡まる想い」。
とうとうシャナのツンデレが全開になってきましたねぇ。それにしてもアラストールの朴念仁っぷりはすげー。さすが人外。ずっとこんなのと一緒だったんじゃシャナが感情面で不器用なのもある意味当然なのかもね。他人との関わりをずっと避けてたのもあって対人面でのスキルもからきし。これで学校の成績だけはいいってのがなんともアンバランスだわな。

そんなシャナだから悠二の煽り方も最悪。自分の役に立たなさを気にかけてる悠二に更にプレッシャーかけてどうするよ。そんなん奮起するどころか逃げ出すにきまってんじゃん。そういうのは自覚のないヤツにやることだっつーの。

てなわけで今回は悠二に対して初めて直接的なデレっぷりを見せた回でしたが、ライバルになるはずの一美もまだもじもじしてるばかりで一歩も進まず、恋愛バトルはまだ先の話っぽいっすね。

でもって終盤には何やらまた新キャラが ―― って、えー!?
こいつらキモすぎ。今度の徒は変態姉弟かヨ。それに何やら傍観者もいるみたいで・・・。なんか混迷の展開になりそうだなー。





わけもわからず嫉妬の炎を燃やすシャナがいい感じなわけですが、自分が何にイラついてんのかは全然判ってねーっぽいのがなんともはや。こっち方面の知識は小学生以下ですか。まあずっと一緒なのはアラストールくらいだったわけだからこれもまた仕方ないのかも知れないけど。アラストールって恋心とかそんなのとは全く無縁だからなあ。コイツちんこないし。

一美はなんか頑張ってるっぽいし池もナイスフォローなんだけど、肝心なところで一歩が踏み出せず全てが不発に。何やってんだか。こんなんじゃライバル昇格は当分無理だわ。
ナイスフォローといえば悠二の母ちゃんは完全にシャナと悠二のサポート役に回ってますなあ。この人だけは全部わかってるって感じで。でもシャナが実は悠二の部屋に居るってのは流石に知らね? てかシャナってどこに寝てんだ?

でもって今回ラストでは流石に悠二もシャナの気持ちに気付いたかな? てかいきなりここまでデレるのは想定外だったなー。まあでもここいらが潮時だよな。あんまり引っ張っても仕方ないし。ここらでシャナと悠二のペアも確実なものになるか?

とかやってたら何やら変態的な姉弟が出てきましたよ。てか姉弟でベロチューってマジですか? こいつらが次の敵っぽいけど何だかなー。このまま敵現る→倒すの繰り返しになると完全にマンネリ化しそうでツマンナイんだけど。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト