深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/11/30 Wednesday

ガンパレード・オーケストラ #09

ガンパレード・オーケストラ 第9話「戦火のかなた」。
まあ今までの流れからするとやっぱ終りはこんなもんでしょ。ある意味パターン通りな展開。それにしても深夜アニメに似つかわしくないお子様向けシナリオですねぇ。せっかく作画や音響が盛り上げようとしても展開に無理がありすぎて白け気味。

混成師団の精鋭を壊滅させた幻獣の攻撃も棒立ちの第4中隊の面々にはかすりもしないし、咲良の指揮方針も拠点防衛より隊員の安全重視でわけわかめ。そのくせ人型戦車の攻撃が効かない大型幻獣には中隊長自ら決死の吶喊ですよ ―― まあ当然のようにかすり傷で生還するわけですが。でもって装甲が厚くて通常兵器が全く効かないはずの大型幻獣も第4中隊の集中砲火の前にはアッサリ沈黙。てか生命反応30%に低下って・・・ゲームじゃないんだからさあ。

まあそんな白の章も今回で終了。次回からはまた新しい章が始まるわけですが・・・果たして期待できるのか?





咲良さあ、「絶対に無理はしないで! 少しでも危険だと判断したらすぐに中止すること!」ってなんだよw 前線に安全な場所なんてあるんか? てか安全なところに引きこもっていながら拠点防衛なんて出来るんかよ? もう違和感バリバリ。

まあこの緊張感の無さはシリーズ通して貫かれてるからなあ。まるで脳内お花畑な平和運動家みたいな場違いさ。
もちろん無駄な損失は極力防ぐのも指揮官の役割ではあるんだけど、コラテラル・ダメージ(Collateral Damage)っつー用語があるくらい、必要な場合は多少の犠牲は止むを得ないってのはたとえ一般人でもわかるはずなんだが。まさに「ヘボ将棋、王より飛車を可愛がり」を地で行ってる。末端の損失を恐れて重要な補給線を失うようなことになったらこれまでの犠牲が全て無駄になるってのがわかってんのかねぇ。これで士官学校の優等生だってんだから――。

てかそれ以前に雑魚に全戦力を集中するってのはどうよ? 自爆幻獣そのものには反撃能力は無いみたいだし、部隊の人型戦車は4機いるんだから1機だけでも餓鬼に向かわせればいいだけの話では? そういう普通に考え付く方法を全くとらずに“間に合わない!どうしよう!?”とか言われてもねぇ。

まあ既に終わった章にくどくどケチをつけても今更どうなるもんじゃないんですけどね。それに次回からは新章に突入するわけですからそれに期待するしかないわけですが・・・なんか予告からはあまり期待できそうに無いなあ。
内容によっては切っちゃうかもね。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト