深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/11/20 Sunday

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? #21

カテゴリー:  

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? 第21話「二人の魔法使い」。
さくらの説得もアイシアには届かず、アイシアの暴走を更に煽ることに。そして逆切れしたアイシアが放った反撃の一言が、さくらがひた隠しにしていた心の傷を鋭く抉る!!なんだかとんでもない方向に盛り上がってまいりますた!

まあアイシアの言い分なんて総じて自分勝手な思い込みに過ぎないんですが、だからこそさくらがずっと忘れようとしてきた想いを直撃してしまったわけで。しかもアイシアの反撃はさくらが思いもよらない方向からカウンターで来てますからね。ほとんど無防備なところに喰らった一撃はさくらを凍りつかせるには充分な威力。これ尾を曳くなあ。

それにしてもアイシアを止められるヤツはいないのか? いくら力不足でもこの勢いで突っ走られたら何かの間違いが起きないとも限らないぞ。なんだか雰囲気が一気に緊迫してきました。予告のさくらももう既にブチ切れ気味。一体これからどうなるの?





それにしてもアイシア、精神的には小学生くらいからまるで成長がなさそうな感じだなー。マジで純一たちと同じ学年なら、もう少し理性が働いてもいいハズなんだが。まあ確かに高校卒業間際になっても精神的に幼いヤツはいるけど、ここまでお子ちゃまな考え方するヤツは相当珍しいんじゃないかなー。これが婆ちゃんの教育の成果なのか?

結局アイシアにとって大事なのはあくまでも(魔法で他人を幸せにすることで)自分が認められて幸せになることなんだよなー。そのあたりが婆ちゃんとの決定的な違いなんでしょう。ことりやさくらが身を引いてるのが我慢できないのもその姿を自分に投影してるからなわけで、でもそのことに関して本人が全く無自覚だからトラブルの種になっちゃうんですよね。

ことりにしてもさくらにしても(心の奥底にしまってある感情は別にして)自分なりにけりをつけた問題をアイシアの個人的な感情から穿り出されても迷惑でしかない。でも自分にとっての幸せが他人にとっても幸せなことだと信じて疑わないアイシアにはそれがまるで伝わらない。

さくらもぶち切れて、もうアイシアの暴走を止める者は誰もいない。アイシアの暴走にも拍車がかかってるし、なんか展開がヤバげだなー。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト