深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/11/30 Wednesday

ガンパレード・オーケストラ #09

ガンパレード・オーケストラ 第9話「戦火のかなた」。
まあ今までの流れからするとやっぱ終りはこんなもんでしょ。ある意味パターン通りな展開。それにしても深夜アニメに似つかわしくないお子様向けシナリオですねぇ。せっかく作画や音響が盛り上げようとしても展開に無理がありすぎて白け気味。

混成師団の精鋭を壊滅させた幻獣の攻撃も棒立ちの第4中隊の面々にはかすりもしないし、咲良の指揮方針も拠点防衛より隊員の安全重視でわけわかめ。そのくせ人型戦車の攻撃が効かない大型幻獣には中隊長自ら決死の吶喊ですよ ―― まあ当然のようにかすり傷で生還するわけですが。でもって装甲が厚くて通常兵器が全く効かないはずの大型幻獣も第4中隊の集中砲火の前にはアッサリ沈黙。てか生命反応30%に低下って・・・ゲームじゃないんだからさあ。

まあそんな白の章も今回で終了。次回からはまた新しい章が始まるわけですが・・・果たして期待できるのか?





咲良さあ、「絶対に無理はしないで! 少しでも危険だと判断したらすぐに中止すること!」ってなんだよw 前線に安全な場所なんてあるんか? てか安全なところに引きこもっていながら拠点防衛なんて出来るんかよ? もう違和感バリバリ。

まあこの緊張感の無さはシリーズ通して貫かれてるからなあ。まるで脳内お花畑な平和運動家みたいな場違いさ。
もちろん無駄な損失は極力防ぐのも指揮官の役割ではあるんだけど、コラテラル・ダメージ(Collateral Damage)っつー用語があるくらい、必要な場合は多少の犠牲は止むを得ないってのはたとえ一般人でもわかるはずなんだが。まさに「ヘボ将棋、王より飛車を可愛がり」を地で行ってる。末端の損失を恐れて重要な補給線を失うようなことになったらこれまでの犠牲が全て無駄になるってのがわかってんのかねぇ。これで士官学校の優等生だってんだから――。

てかそれ以前に雑魚に全戦力を集中するってのはどうよ? 自爆幻獣そのものには反撃能力は無いみたいだし、部隊の人型戦車は4機いるんだから1機だけでも餓鬼に向かわせればいいだけの話では? そういう普通に考え付く方法を全くとらずに“間に合わない!どうしよう!?”とか言われてもねぇ。

まあ既に終わった章にくどくどケチをつけても今更どうなるもんじゃないんですけどね。それに次回からは新章に突入するわけですからそれに期待するしかないわけですが・・・なんか予告からはあまり期待できそうに無いなあ。
内容によっては切っちゃうかもね。

2005/11/29 Tuesday

GUN×SWORD ガンソード #22

カテゴリー:  

ガン×ソード 第22話「誰がために」。
いやー、いくらなんでもジョシュアの適応能力高すぎだろー。確かに打ち上げ設備自体は残ってたんだろうけどそっから1週間で打ち上げなんて・・・まあこの番組にそんなリアリティを求めても仕方ないんだけどね。

でもこれができるくらいならディアブロの衛星をクラックするくらい朝飯前だわな。なんかいつの間にか協力者も出てきてるし。・・・ミズーギでバックにいたのはもしかして、カイジ?





鉤爪とウェンディのデートって注目を集めたわりには中身なかったっすね。それよりもなんだか今回ユキコさんに強烈にスポットあたってますよ。

ユキコってこんなに押し強いキャラだったっけ? ヴァン以上に人見知りなレイですら一喝であっさり協力させちゃってるし。





えー、記念写真なんてダメだよコレ強力な死亡フラグじゃん。ヴァンもいなくなるわけだしここでファサリナとかに攻めて来られたらタマランだろ。そいであーヤバげな展開だなーと思ってたらプリシラの告白イベントが!!
一番ヤバいのはプリシラか!?

なんだかんだでヴァンの打ち上げは成功。まあここにきて衛星奪取に失敗って事はないだろうからその辺は良いとして、やっぱ打ち上げファサリナに見つかってるよ。これはただじゃ済まんわな。でも月に向かったミハエルの方もなんか予想外の事態に遭遇してるっぽい。こりゃ先が見えんなー。

で次回、やっぱ地上に残った連中はファサリナの襲撃を受けることになりますか。でもあいつらの中でファサリナに対抗できるヤツいるんか? レイが向かってるっぽいけどどうだかなー。これであっさりファサリナが撃退されるなんて展開はちょっと興ざめだしね。でも一応数の上では勝ってるわけだから、そのあたりが効いて来るか?

次回、はたしてプリシラたちは生き残ることができるのか? そして月に向かったミハエルは!? ガンソード、シリーズ終盤でさらに混迷の展開になってきました。これは最後まで気を抜けませんね。

2005/11/28 Monday

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? #22

カテゴリー:  

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? 第22話「みんなの時間」。
制服コスプレに水着に肝試しって・・・、いくらなんでもイベント詰め込みすぎだろー。てか在校生でもないヤツがうろうろしてて平気なのかこの高校は? てか萌やっぱ頭足りてねぇよ。水着はいいにしてもあの制服はねーだろ。狙ってやってるとも思えんしなあ。実は狙ってましたなんて事になったらキャラ設定ひっくり返っちゃうしな。

今回はいつにも増して中身スカスカな回でしたが、これはやはり後へ向けてのタメぽいですね。絶対に復活しないはずだった魔法の桜も何やらつぼみをつけてるようですし、楽しく平和だったみんなの時間も終末を迎え波乱の展開へと突入していきそうな予感。前期の本格鬱展開は21話からでしたが、今期もここからドロドロの展開に?





それにしても今回はアイシアの浮きっぷりが激しい回でしたねぇ。“みんながしあわせになって欲しいだけなのに!”って、全く以ってでっかいお世話。皆それぞれの立場で自分自身の幸せを感じているのに、わざわざそれをかき乱さなくてもいいのに。てか自分が思う幸せのかたち以外は認めないってのは傍迷惑でしかないんですよね。

でもそんなアイシアの身勝手な思い出すら、強く念じれば桜も答える・・・てな感じで、絶対に復活しないハズの魔法の桜も蕾をつけはじめてます。この桜の魔法って、一旦発動し出すと願いをかけた本人の意思をも超越して暴走するのは前期のエピソードでも明らかですからね。これは波乱の展開の幕開けになりそう。

今回のサブタイは「みんなの時間」でしたが、これは今までみんなのなかで保たれてきた微妙な人間関係のバランスが崩れてくることを暗示していそうです。やはり今期も終盤はドロドロのクライマックスへ突入するのでしょうか。

2005/11/27 Sunday

舞-乙HiME #08

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第8話「運命の軛」。
前回壊れてしまったコーラルジェム、これからどうするのかと思ってたら意外にアッサリ再交付されちゃいましたねー。それに冒頭のナツキとシズルの会話からして契約の破棄もそれほど困難なことではなさそう。このあたりが今後の鍵になるのではと思ってたのに肩透かしもいいところ。でもまあそれを知ってるのはガルデローベの上層一部でしかないわけで、アリカやマシロにとって大問題であることには変わりないんですけどね。

ガルデローベもセルゲイも何か事あるごとにアリカに探りを入れるわけですがなかなか叶わず。てかバカ正直なニナはスパイには不適任だと思うぞ>セルゲイ。ニナって真正面から行くのは得意でも小技を使いこなす優柔さは持ち合わせてないからなあ。
でもってミユってばアリカの知り合いだったのね。マイスタージェムもあっさり外れちゃったけど、やっぱミユもアリカの出生の秘密を知る一人なんでしょう。
今のところ公にはなってませんが、この辺りはお約束ですからね。

まあ今回はお話的にはほとんど進んでないわけですが、周囲では次の展開へ向けての準備が着々と進んでそうな気配ですね。カルデアもアスワドと組んでエアリーズ領内で何かやらかしそうですし、ナギもシュバルツとコンタクトを取っているみたい。これから物語も大きく動いていくか・・・と思いきや、次回はまた水着回!? これまたバカ話になるのかなー。予告のエルスはエロ妄想全開w さすがのナオも呆れ気味だよ。





舞闘の授業をサボって罰当番は仕方ねーよな。ナツキじゃないけどマイスタージェムでの契約はあの程度で誤魔化せるようなもんじゃないからなー。てか当面の問題はローブをどうするかってことだよな。こればっかりはちょっとやそっとで隠せるもんじゃないし。でもほぼリアルタイムでアリカとマシロの契約を察知してるってことは、やっぱアリカはガルデローベの重点監視対象になってんだな。まあ当然だけど。

でもってミユ。ミユ視点から見るアリカはやっぱ他と違って見えてるみたい。なんか頭光ってるし。本作のミユもやっぱ人外なんかなー。アリッサが小鳥化してるのはミコトと同じか。こっちも後に人型に変身しそうだけど。





真祖の墓所とアリカとの関係はとりあえずおいといて、やっぱここでの問題はオトメの責務についてだよな。まあアリカみたいに“戦争なんて絶対させない”なんて言うのは簡単だけど、実際に一人やそこらの意思でどうこうできるような問題でもないし。シスターマリアの問いかけってば実際に事に直面しての覚悟についてなんだけど、やっぱ今のアリカには難しすぎるか。





でもって流石に絆創膏ではシスターマリアは欺けなかったようで、あっさりバレちゃいましたね。でも意外と罰は軽くて済んだな。マシロの方も叱られたっぽいけど全然深刻さが無いのは拍子抜け。でもマシロにまで話が行ってるって事は契約についてもモロバレしてんのかなー。そのあたりの描写が曖昧なんでよくわかんないけど、とりあえず契約破棄されたわけではなさそう。このあたりはナツキの方針通り今後に委ねる事になったのかな。

今回の最後はカルデアの宮殿でのアルゴス14世とアスワドとの密会。何やらエアリーズでやらかすみたいですねー。予告にも出てたけど、エアリーズが舞台って事はハルカやユキノが引っ張り出されることになるのかな。カルデアのアルゴス王と言えば今回出てきたシスターマリアのお姉さまが仕えたのもまたカルデアのアルゴス王。このあたりも運命の導きということなのでしょうね。ナギもシュバルツとコンタクトを取ってるみたいだし、そろそろストーリー的にも動きが出てきそう?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト