深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/10/20 Thursday

フルメタル・パニック!The Second Raid #13(最終回)

カテゴリー:  

フルメタル・パニック!TSR 第13話「燃える香港」。
いやー残り1話でひろげた風呂敷きちんとたためるのか心配でしたけど、そんな心配は全然無用でしたねー。まあ前回かなめの姿がチラリと見えた時点で彼女との出会いが宗介復活の切っ掛けになるであろうことは想像できてたんですけど。でもかなめを香港に連れてきたのはレイスだったんですね。それならハンターのオフィスに直行できた理由も納得です。

それにしてもキレイに纏めましたねー。まあレナードとか原作の関係でイマイチ曖昧なポジションのまま終わっちゃったキャラもありますけどそれは今後のシリーズ展開への布石ってことでしょう。後半はジメジメ展開が続きましたが、それも終わってみればじゅうぶん納得できるレベル。そういう展開を通過したからこそ香港でのかなめとの再会が引き立つって事で。

ともかく1クールの間ハイクオリティな作品を送り出してくれたスタッフとスポンサーに感謝。そして次回作に期待ですね。





いやー、かなめの登場で雰囲気一変しましたねー。まあ宗介の落ち込みの原因そのものが一気に払拭されたのもあるわけですけど、やっぱかなめのキャラ自体が大きいっすね。仕草もかわいかったり凶暴だったりと忙しいし。てか会っていきなりケリ入れるってどーよ。続いて間髪入れずに問い詰めですよ。そりゃーヤンもウーもびっくりっすよ。まあそこからが良いんですけどね。

かなめの叱咤激励で気合入ったところでここからが宗介の本領発揮。玉芳相手に苦戦している仲間のもとへ急げ!宗介。





ヴェノムの活動限界って機体の問題じゃなくてラムダドライバの多用によるパイロットの体力限界だったわけね。野犬のように集団で追いまわして体力を削る戦術は効を奏したものの、結局ミスリルのM9でラムダドライバ搭載のヴェノムと渡り合うのは厳しいか。でも玉芳の体力が衰えるのをまっていたのはミスリルだけじゃなかったわけで。

それにしてもゲイツ、この煽りかたはさすがに悪趣味だよなー。大事な妹の遺体をおもちゃにされたりしたら、そりゃ玉芳もキレるわな。でもゲイツは既にミスリルとの戦闘で体力を使い果たした玉芳が敵う相手じゃ・・・アッサリ瞬殺されてるよ玉芳。(ノД`)・゚・。

勢いに乗って行動不能のクルーゾーを狙うゲイツ。そのゲイツの背後を襲う機体が。復活した宗介キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!





いくらラムダドライバが完動してるとは言え宗介強すぎ!
あっという間に4機のヴェノムを撃破しゲイツに迫る宗介。てかラムダドライバ発動時には弾丸までその影響下にあるんか? 同じくラムダドライバ発動下のヴェノムの防壁も易々と突破してるよ。そりゃーゲイツもビックリだわ。

その上人質として拘束されたクルーゾーのM9をすり抜けてゲイツのヴェノムに浸透するなんだかよくわからないパンチ!助けられた味方も口あんぐり。いくらなんでもデタラメだよなあ。これはあと少しばかりもみ上げ長くても助からんだろ、ゲイツ。





てなわけでアマルガムの一派の反乱も鎮圧。かなめの危機も去ったって事でとりあえず一件落着。かなめを手引きしたレイスの中の人って黒髪の女だったのね。でもあの着ぐるみはちょっとムリあるよなー。まあでも冬はあったかいかも。着ぐるみ脱いだレイスは寒そうだしな。
レナードは今シリーズではたいした出番はなかったものの次期以降があるとすれば大きなポジションを占めてきそう。

宗介は・・・上の命令を黙って聞くだけの兵隊から自分の意思を主張する漢に。まあアーバレストを扱えるのが宗介だけってのがポイントだわな。そうでなくてはとてもこんな要求は通らんわな。いくら元のギャラが高くても一人分の半額削減したところで全体から見ればたいした節約にはならんし。でもこれで陣代高校へ復帰することが決定。

そしてテッサ。かなめ護衛役解任時の宗介とのいざこざで気落ちしていたテッサもようやく救われることに。てか宗介思いっきしフタマタかヨ。こんなのかなめに知れたらまた揉めるぞー。

てなわけで後半グダグダな展開もありましたがラスト一話でキレイにストーリー纏め上げましたね。それでいて次期への布石もちゃっかり置いてるところがまたスバラシイ。ストーリーばかりか映像や音楽もハイクオリティ。さすがです。

この先もアニメ化されるのかどうかはわかりませんが、やるとしたらぜひまた同じスタッフで製作して欲しいですね。ともかくお疲れ様でした。次回作にも期待してます。

舞-乙HiME #02

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第2話「乙女の園を駆ける疾風!?」。
何とかアリカの身柄を押さえようと争うナツキとセルゲイ。アリカが飛び込んで来た先がガルデローベだったことで一旦はナツキの手に落ちたアリカでしたが、セルゲイも査問会での奪還を狙います。アリカは無事オトメ候補になれるのか!?

てなわけで舞-乙HiME2回目。1話目で出て来れなかったキャラの紹介を交えながら、強力なオトメ部隊を擁するガルデローベと、それを各国が監査する査問会の存在が明らかになります。そして現ヴィントブルーム王位継承者であるマシロの正当性にも疑念があることが・・・。なかなか王道的な作りですねぇ。

今回は前回出てこなかったキャラ紹介がメイン。お話としてはたいして先に進みませんでしたね。てなわけでチャッチャと行きましょう。





うはーーーやっぱシズル姉さん怖い人や。うぶなアリカなんてイチコロ。でもっていつの間にかハダカに剥かれてるし!!

でもってガルデローベはマシロをヴィントブルーム王家の正当な後継者とは考えていないようですな。これは1話冒頭の“事件”絡みでしょうね。正当な王位継承者は行方知れずで、マシロは簒奪者が用意した替え玉だってことでしょうか。でもマシロ自身はそういう事情は知らなさそうですけど。

ともかくアリカが14年前に行方不明になった“彼女”であるかどうかを調べるのが最優先事項。でもそんな事情など全く知らないアリカがじっとしていられるわけもなく――





シホキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
しかも初っ端から肚黒全開や!! 人目の有るなしでここまで変わるかってな具合の豹変っぷりがかえって気持ちいいヨ。すげーー。

でもナオはやっぱ苦手なのね。前作のイメージを上手く継承しつつこのハッチャケっぷりは見事。前作後半に見られた陰険な部分もズッコケ分との相殺でイイ感じに仕上がってます。





査問会ではアリカをガルデローベ内に留めたいナツキと何とか外に引き出したいセルゲイの間で鍔迫り合いが。前回の墜落で居城を壊されたことを根に持つマシロは明後日の方からセルゲイ援護(でもニナはとばっちり。)そんなところに転がり込むアリカ。

せっかくナツキが用意したチャンスをぶち壊したアリカを救ったのはアルタイ大公・ナギ。そんなこんなでアリカはオトメ候補生の座を賭けてニナと闘うことに。
工エエェ(´д`)ェエエ工?

てなわけで次回はオトメの舞闘についてクローズアップ。マシロの即位式も?なんだか予告じゃエライことになってたけど。(ノ∀`)アチャー

舞-乙HiME #01

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第1話「ユメノ☆アリカ」。
いやースバラシイ!!冒頭からの展開と言いキャラ立てと言いギャグのキレと言い、エンターテイメント作品とはこうあるべしっつースタッフの意気込みを感じさせる文句の付けようのない仕上がり。流石はサンライズと言ったところ。

基本的なキャラクターは前作の舞-HiMEから流用しているもののお話的には全くの別物。まあこれは落語や手塚漫画などによく見られる手法ですが、キャラの性格付けは微妙に変えてきてるようですね。特にマシロの豹変振りは凄まじい。決して悪くないですけど。
どうでもいいけど舞-乙HiMEと書いてマイオトメと読ませるってのは結構ムチャですわな。てか以前は舞☆MAiDとかいう仮題がついていたような・・・メイドってのはちょっとヤバかったのかな。

冒頭は典型的な貴種流浪譚を思わせる始まりですが、1話の終了時点で既にアリカが行方不明の姫(王位継承者?)らしいという描写になっていることから単なる冒険物語になるとは考え難い。アリカの素性をめぐるガルデローベその他指導者の思惑や、現ヴィントブルーム王位継承者であるマシロとの絡みが物語のポイントになってくるのでしょうか。

とにかくツカミは強烈にグッド!今期最注目の作品になりそうです。





冒頭部分だけ見ればなんだかシリアス気味な話しかなとも思わせるんですが、始まってみればギャグ飛ばしまくり。てかいきなり置き去りにされるアリカに腰砕けだよ。舞-HiMEの最初で拾われたミコトとは大違いだなー。

でもってニナって思いっきし弄られキャラなわけね。初っ端からブッカケられてるのにはタマゲタ。飛ばすなー。
ナツキとシズルはお偉いさんみたい。シズルは今回も怖い人になる? 舞は今のところ出てきてませんけどOPにはソレらしき人影が・・・今度は敵方?





でもってマシロ。なんかキャラが全然違うんですけど!?てか面白すぎ!

病弱で大人しいってのもキャラの方向性としてはありだけど、ハチャメチャで元気なマシロってのも結構イイかも。かなーり我侭みたいだけどね。しかも加えて相当なドジっ子。狙ってるなー。





そいでもってマシロを狙う謎の組織。大体の役者はこれで揃ったってな感じ。テンポ良く飛ばしながらもしっかりと舞台設定していくところがメチャメチャ上手い。

それぞれのキャラの立ち位置。各々の組織や国々の関係、オトメとは(大まかに)どういうものなのか。そしてアリカに秘められた謎の力。それらをストーリーの流れにのせて自然に紹介していく手法は他のアニメも参考にして欲しいところ。

最近は3?4話くらいまで見ないと世界観やストーリーの方向が見えない作品が多いですからね。本作のように最初の1話であらかたの舞台設定を、しかもこれ程自然な形で終えてしまう作品は本当に珍しい。

それにしてもマシロ、「見よ!人間が豆粒のようじゃ!」って・・・アレだよなあ。



そして戦闘の合間に飛び出たアリカの青玉に気付くナツキとセルゲイ。これが本来なら洟も引っかけられずに追い出されるハズのアリカがガルデローベに受け入れられる切っ掛けになるわけで。14年前に行方不明になってから長年の探索にも関わらず発見されることのなかった“彼女”。アリカがそうであるか否かが序盤のポイントになってきそう。

さあ序盤からいきなり飛ばします舞-乙HiME。次回以降も見逃せません!

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト