深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/10/30 Sunday

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? #18

カテゴリー:  

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? 第18話「桜色の蜃気楼」。
2年間初音島を離れていたさくらが帰ってきましたよって話。それ以上でもそれ以下でもなく、ただそれだけ。えー、たったコレだけのために1話丸々使っちゃうの?

正直Aパートから中盤にかけての昭島妹のエピソードなんて全然いらないでしょ。そのミスリードに何の意味が? でもってうたまるの一日なんてこれまたどうでもいい話だし。しかもリアリティ全然ないし。なんだか回を追うごとにつまらなくなってきてる気がするのはおいらだけ?

ことりも完全に過去の人になってしまってますし、アイシアの音夢への対抗意識もどこぞへ消えたかのように完全スルー。さくらの登場で少しは面白くなるかと思いきや、なんだかまた魔法修行の話になりそうな気配だし、今までの流れは一体何だったの?って感じ。このままこのペースでだらだら最後まで行っちゃうの?何だかなあ。





なんつーか昭島妹のキャラ造形があざとすぎて呆れますね。( ゚Д゚)ポカーン
単にこれだけのための出演だってのがミエミエすぎて萎え萎え。しかもこのミスリード自体にほとんど意味がないわけですからなおさら。単に時間稼ぎしたかっただけなんじゃ? 有意な演出意図があるとはとても思えないんですけど。それによって本物のさくらとの再会シーンが感動的になったわけでもありませんしね。しかも何故あんなところで再会?

まあ再会自体はうたまるの働きということでクリアできるんですけど、重い荷物を引きずりながら家にも帰らず何故さくらはあんなところをうろうろしていたんでしょうねー。音夢に会いたくなかったから?音夢も今回は今ひとつ心の底で考えてることが伝わってこないんで妙な違和感が。まあ言葉通り取ればいいのかもしれませんけど、それもまたちょっと・・・。

でもってラストから予告にかけてがまた妙な感じ。まあもともとアイシアは芳乃の家に魔法修行に来たわけですから単純にここだけ切り出せば別におかしくはないんですけど、中盤からここまでの流れとはどうにも繋がらないんですよね。まるでムリに継ぎ接ぎしてるみたいで。

結局アイシアって最初っからほとんど成長が見られないんですよね。未だに魔法さえ使えればみんな幸せにできるとか思ってるみたいですし。今度はさくらのところで魔法修行? まあ前シーズンの流れから見れば、さくらは自分の魔力を良いものだとは思ってないハズですからそんなに都合よくいくとは思えませんが、どうなるんでしょうね。アイシアは“誰もが皆、自分の心を偽らずに幸せになれる魔法”を身につけて、ブツ切りになった物語の流れをハッピーエンドに導くことが出来るのでしょうか。

お話ももう終盤にさしかかろうとしています。これからどのようにお話を〆にかかるのか、最後まで見届けましょう。

2005/10/29 Saturday

舞-乙HiME #04

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第4話「炎の転入生!!」。
さてあらかたの舞台設定も終わって本編に突入って感じですけど、ホントこの作品って定石通りの話運びしますねぇ。アリカも予想外の活躍で上手いことガルデローベに滑り込んだはいいんですが、当然ながら一部同級生には快く思われていないわけで・・・やっぱ一波乱は免れませんか。

まあ王侯や貴族が普通に存在する社会なわけで当然ながら階級意識はバリバリなんですよね。しかもガルデローベはエリート中のエリートが集う学園なわけで。そんな中にどこの馬の骨ともつかぬアリカが、しかも思いっきしイレギュラーな形で滑り込んだわけですからすんなりおさまるワケがない。潰しにかかる連中が出てくるのも当然というもの。

アカネのように既に認められてるパールの一部にはアリカの実力を評価する傾向はあっても、ただでさえ熾烈な競争を強いられてるオトメ候補生の大半にとってはアリカの転入は喜ばしいことではないのが本音でしょう。ましてや人並みならぬ潜在能力を見せ付けられた後であればなおさらのこと。この逆境をどう乗り越えるかがアリカの最初の関門になりそうです。





落ちてくる飛行機を咄嗟に支えたものの力負けしたコーラルローブはあっさり崩壊し墜落するアリカ。そして、そこに飛び込みアリカを引き上げる一筋の影が!! でぼちんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

“必要なのは力と技と根性”ですか。ハルカも変わってませんなー。
でもユキノはちょっとデカくなってないかい?
まあなんだかんだで一件落着。ハルカとユキノの口添えでアリカもニナも学園に留まることに。まあこのあたりは予定調和ですけどね。それにしても今回の一件ってどうみてもシズルが原因なんだけど、そのあたりに突っ込んでる奴誰もいねーよなー。そこは触れてはならないポイントだったりして。

でもってオトメは男女交際禁止な件。なんかえれー理屈だなあ。でもこれで1話冒頭の、おそらくアリカの母親と思われる人物とその敵方との会話の意味がはっきりしてきますね。彼女は既にオトメの力を失ってたってことで。でもまあここでの見所はナツキの表情?

ニナはやっぱりアリカを意識しまくりなわけで。でもニナが言ってるのはこの学園の本質でもあるんだよなー。その意味がわかってれば余計なトラブルに巻き込まれることもなかったんだろうけど・・・この時点でアリカにそれを求めるのはムリな話。





でもってアリカが直面する当面の問題・・・うわー生臭せー。でもまあ表向き公正をモットーとする学園からしてアリカだけ特別扱いは出来ないしなー。でもってやっぱ学費自分持ちはアリカ以外にはいないわけね。まあ当然といえば当然なわけですけど。

でもって王侯貴族の護衛役という使命を持つオトメの養成校という場所柄、そこに集う生徒もそれなりの出身なわけで、実力以上に家柄や出自にこだわる連中が居るのも自然な話。なんだか不穏な気配が漂ってきましたよ。

まあ既に他をぶっちぎってる一部のお姉さま方にとっては出自なんてどうでもいい話なんですけどね。でもどんぐりの背比べで熾烈な競争を繰り広げてる連中にしてみれば新たなライバルが増えるというだけでも心穏やかではないわけで。しかもそれが普段自分が人間扱いしてない“卑しい”出身で、さらにうかうかしてたら自分の立場を脅かしかねないとなれば、芽のうちに摘み取ってしまえと考える者が出てくるのは不思議でもなんでもない。ナオの指摘もうなずけますね。

でもってナオの指摘通り放ってあったアリカの制服に手を伸ばす人影が・・・。それにしてもアリカも迂闊すぎ! まあ憧れのオトメになる学校で盗難に遭うなんて思っても見なかったんでしょうけどね。

さてさて波乱含みの展開になってきました。アリカの制服に手をかけたのは誰?(まあバレバレですけど。)そして制服をなくしたアリカは!?
次回も、見逃せません。

2005/10/28 Friday

SHUFFLE! #15

カテゴリー:  

SHUFFLE! 第15話「取り戻したもの」。
あれー?なんかアッサリ終わっちゃいましたねー。もうちょっと引きずるかと思ってたのに。まあでもこれはこれでOKでしょう。あんまし鬱々展開引きずっても重いだけですしね。

でもって今まで今ひとつネリネに積極性が欠けてたのはあくまでもリコリスの代理だって意識が強かったから? 納得できそうなできなさそうな良くわからない理由付けですけど、とりあえずネリネの心中では一区切りついたって事で、これからはネリネも本気で争奪戦に加わると見ていいのかなー。でも次回は次回でなんかまたスッキリしない展開になりそうなんですけど、どうなんでしょーねー。





稟の呼びかけに意識を取り戻すかに見えたプリムラでしたが同時に魔力が大暴走!このままでは研究所もろともみんな吹き飛ぶ!?
そんな状況から皆を救ったのは・・・ネリネの中に眠っていたリコリスの想い。

う?ん、本来は感動的なシーンのハズなんだがなあ。今ひとつ入り込めないのは何故なんだろう? 作画も悪くないし言いたいことが伝わってこないわけじゃない。むしろ今回の描写はよく出来てた方だと思うんですけどね。やっぱ原作設定が頭に入ってないからなのかなあ。

でも基本的に同じ顔かたちのネリネとリコリスの描き分けがきちっと出来てたのはいいですね。魔法発動してからのネリネはいつもの何考えてんだかわかんないネリネとはやっぱり一味違いますから。プリムラが一発で気付いたのも良くわかる。





えー、ネリネって自分の身代わりに消えてしまったリコリスの想いを叶えるために代理で稟の嫁さん候補に名乗り上げてたわけ? う?ん、それじゃあイマイチ気合が入らないのはしょうがないよなあ。今までのちょっとピンボケな反応ってそういうのが理由としてあったのか。

でも人間界で稟と接するうちに自分自身の想いとして稟に好意を持つようになってことなので、これからは対応も変わってくる? でもなんだか次回もスッキリしない展開になりそうで・・・。今度悩みを抱えるのはシアですか。
でもって今回また亜沙の魔法忌避が出てましたけど、その理由もまた先送り。なんだか前途多難だなー。

2005/10/27 Thursday

灼眼のシャナ #04

カテゴリー:  

灼眼のシャナ 第4話「惑いのフレイムヘイズ」。
同居イベントキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
てか早過ぎないかヲイ!! それにシャナが成り代わってるわけだから平井ゆかりも一応存在してることになってんだろ?彼女の家の方は大丈夫なんかよ。

まあでもこれでシャナのツンデレ化はほぼ決定路線だわな。今はまだツンツンだけど既にデレの予兆もちらほらと。でもそれと並行してフレイムヘイズとしてのシャナの未熟さもクローズアップされることに。こちらは前回の時点でフリアグネに指摘されてたわけですが、それがさらけ出された回でした。

でもその筋では“炎髪灼眼”は強さで知れ渡ってたようで、今回対戦したマージョリー&マルコシアスペアも拍子抜けしてますから、シャナの弱さは悠二との出会いに起因するものではなさそう。炎髪灼眼のフレイムヘイズとしての立場を受け継いで未だ間もないのでしょうか?そのあたりは今後描かれることになるのかな。





脱衣イベントキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
それにしてもベッドマットの感触に喜んでるシャナ(*´Д`*)ハァハァ 悠二に指摘されて初めてってのがアレだけど恥じらいの仕草もなかなかグッド。でも風呂には入らないのな。(+д+) でもってフレイムヘイズの黒衣って四次元ポケットだったのね。安直だけどなかなか便利な設定だな。

それにしてもだんだんと悠二が気になって仕方なくなってるシャナってばやっぱりお年頃なのね。まあ出会うのは敵かすぐ消えてしまうトーチだけなんて暮らし続けてりゃそっち方面に疎くなるのもしゃーねーわな。でもって悠二はそんなシャナが初めて会うタイプのオトコなわけで。気を惹かれるのも無理ないか。

でもそうこうしてる内に同業者らしい人が街にもぐりこんで来てますよ。





気付いたら同じベッドでドッキリキタ━━(゚∀゚)━━!!!!! でもこんなときのオトコキャラの動作ってワンパターンだよね。もちっと違うパターンないのかねぇ。

でもってシャナを目の敵にしてシゴキにかける体育教師が・・・こういうのもなんだかなー。まあこれは前回から続いてきた吉田一美フラグ立てシーンへの導線だってのはわかるんですけど、ちょっとパターン通り過ぎで今ひとつ。特に今期はこの辺りの誘導が上手い舞乙と並んじゃうんで、どうしても見劣りしてしまうんですよね。

てなわけで自分を庇ってくれた悠二に地味にときめいてる一美ちゃん。予告ではなにやらアクション起こしてるみたいですけどどーなるんでしょー。でもこのキャラ配置ってモロにシャナへの噛ませ犬だよなー。

ただ今回はこれだけでは終わりません。
前回出てきたフリアグネとは別の紅世の徒を追って街にやってきたフレイムヘイズ、マージョリー。他人の縄張りだろうが構わず獲物を探し回ります。悠二に惹かれていく自分にイラつくシャナは気晴らしのつもりでマージョリーと対峙しますが――

これも前回の流れをそのまま引き継いだ展開ですね。シャナは“炎髪灼眼”で名の通っていたフレイムヘイズとはどうやら別人みたい。もっともアラストールを受け継いでいるわけですから後継者という立場のようですけどね。でもこのあたりについてはまだ何も情報がないのでわかりません。まあ追々描かれることになるんでしょうけど。

さて次回は破れたシャナの身の振り方や吉田さん、そしてマージョリーと紅世の徒たちの動向に話が移ってきそうです。まずはマージョリー&マルコシアスペアとフリアグネの対決か?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト