深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/9/27 Tuesday

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? #13

カテゴリー:  

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? 第13話「アイシアの夏」。
む?、やはりこのあたりからことりが絡んで来ますか。でもどうやらことりと純一の間を取り持つ役目はアイシアになりそうですねぇ。そのあたりでさくらの出番がくるんじゃないかとも思ってたんですが、彼女の登場はもっと後になりそう。

でも前作で純一と音夢との仲が確定したのも中盤の総集編を越えてからでしたからね。今回スタートがちょっと早いんで、アイシアの努力も一旦は挫けそうな予感が・・・。さくらの登場はそのあたり?

まあ現状ではことり、鬱屈した気持ちを抱えつつも表面的には明るく振舞おうとしてかなり痛いことになってますからねー。最終的には自分からアクションを起こさない限りどうにもならないんですが、ことりは長いこと読心能力に頼ってましたから今のように相手の心が読めない状態で行動にでるには臆病になり過ぎてますよね。

アイシアもまた魔法魔法と、魔法にこだわりすぎてますしね。そのあたりがどう変化していくかが後半のポイントになるのかな。





みんな一緒に温泉って、なんだか純一にしては大盤振る舞いな話だなと思いきや、やはり君か>音夢。

「それに、早くけじめを付けないと―」って、今までのことはちゃっちゃと全部水に流して純一独占する気満々ですな。自分が帰った以上は他の女には触らせんってか。なんだかんだとアイシアも排除する気満々だし。怖えぇー。

でも、その陰には複雑な思いを抱えて悶々としてる子もいるわけで・・・。まあ2年も一緒にいながら自分から積極的には距離を詰めきれなかったという甘さもあるんだけど、でもかなり頑張ったよなあ、ことり。
結局純一の関心を自分に向けることが出来なかったことや、周りに気兼ねして今ひとつ詰めきれなかったことが悔やまれるわな。それに何の心の準備も無いまま突然の音夢の帰還に出くわしたってのは大きい。ことりにとっては当に晴天の霹靂ってヤツでしょう。





「アイシアがいるお陰で、不自由なことも―」って・・・。(゚д゚)ポカーソ
アイシアがいなかったらあんなことや、こんなことや、そーんなことまで―ってか。うはー、こりゃタマラン。(;゚∀゚)=3ムッハー

まあでも基本的にへたれな純一がそこまで無慈悲にアイシアを追いやれるわけもなく。てかアイシア、退路なさすぎだろー。婆ちゃんも結局アイシアに何も用意する間もなく逝っちゃったのか。そりゃーアイシアも内心悩み抱えるわけだわ。

てなところでまた美咲。美咲も一発キャラじゃなかったのね。なんかアイシアのサポート役が固まってきつつあるようだけど、今後も活躍の場がある?
まあ美咲も美咲で成長の必要があるキャラですからねぇ。アイシアやことりも合わせて、未熟な現状からの成長が後半のポイントになってくるのかな。となると音夢や、今後出てくると思われるさくらとの絡みも気になりますね。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト