深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/9/23 Friday

フルメタル・パニック!The Second Raid #09

カテゴリー:  

フルメタル・パニック!TSR 第9話「彼女の問題」。
今回はひとり取り残されたかなめの話だったわけですが・・・。あちゃー、妹の方は早々と退場ですか。まあ妹がかなめに撃退される展開は予告からもわかってた事ですけど、さすがにここまでは予想してませんでした。でもここに来て新型ASとか出てきてるけど残り4話できれいに収まるのかなあ。





最悪のタイミングで宗介のバックアップを失ったかなめですが、若干パニック気味にはなっているもののかなり冷静に状況に対応してます。まあ前シリーズでも結構危ない目に遭ってるわけで、宗介がいないにしてもそれなりに場慣れが出来てきてるんでしょうかねー。

巻き込まれたオヤジも災難だけど、まあこれは自業自得ってやつだなー。てかこのオヤジ、がっつき過ぎ。でもいくら酔っ払ってるとは言え、いきなり女子高生ナンパしだすオヤジって今ひとつリアリティに欠けるよなー。援交やってる女子高生もいるんだろうけど、実際のところそこいら中の女子高生がみんなやってるわけじゃあるまいし。実際いるんか?こんなヤツ。





でもプロのはずなのにあっさり見つかってしまうレイスってのもマヌケだわな。まあ本来こういった業務を1人でやってるってこと自体が無謀なわけで、見つかったことそれ自体を責めるわけにもいかないんだけどね。ピッタリつけるならともかくある程度距離を置いて監視するためにはポジション的に相当制約を受けるのは仕方がないわけで、今回はそこを逆に取られたってことですからね。

でも尾行という面では妹の方がレイスよりも一枚上だったようですな。まあこっちは四六時中ついてる必要もないわけだから条件的にはかなり緩いわけですが。それにしてもレイスって着ぐるみだったのね。それで助かったって面もあるんだろうけど、中の人も大変だなあ。

玉蘭、絶好のチャンスを掴みながら外しまくりですが、よくみると最初のダブルタップ時に2発目がジャムってるんですね。でもやっぱ初っ端で頭部狙ってるのは油断といえば油断ですわな。とりあえずどこでもいいから当てといて、そこからトドメに行くやり方なら外すこともなかったでしょうに、一発で仕留めようとしたためにかえって取り逃がす結果になってます。ろくに訓練も受けてない素人の小娘と侮ったのが敗因でしょうね。
相手がビビリながらも一瞬の間に最適解を見つけ出すかなめだったてことも不運といえば不運。そこまで機転が利くとは思っても見なかったでしょうし。

でもかなめ、とりあえず危機は脱してホッと一安心も束の間。なんかいつの間にか知らない人キテル━━(((( ;゚Д゚)))━━ !!!!!





玉蘭、あっさりやられちゃったよ。まあ死んだ振りしてチャンスをうかがうってのは策としては悪くはないんだけど、今回ばかりは相手が悪かったっすね。かなめだけならともかくレナードのお供は人外だし。人間相手には無敵の玉蘭でも流石にAS相手には無力。てか今回は最初から最後まで運に見放されてますわな。狸寝入りを見破られた時点で逃走してればまだ助かった可能性もあったんでしょうけど、自分の技への絶大な自信がかえって命を縮めることになってしまいましたね。

それにしてもASで絞殺ってのはなぁ・・・、趣味悪りぃ。わざわざジワジワと絞め殺さなくてもいいものを。かえって一瞬で挟み殺した方が苦痛も少なかっただろうに。まあそれを除いてもレナードってマジに性格悪りぃよなあ。その後のかなめに対しての精神的いたぶりにしても“好きになった”相手にやることじゃねえよな。いくらカオがキレイでもそんなんじゃあモテねぇぜ。

てなところで次回はまた宗介にスポットがあたるわけだけど・・・なんだか宗介、ヘタレに拍車がかかってるなあ。大丈夫か?こいつ。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト