深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/9/2 Friday

ハチミツとクローバー #20

カテゴリー:  

ハチミツとクローバー 第20話「夜空に浮かぶ月に祈る」。
今回はどちらかといえば先の展開への繋ぎの回といった印象が強い話でしたが、何気に森田のキャラが掘り下げられてますねー。でも森田ってやっぱ自傍観者的な立場から動く気は無いんですね。本人も他のみんなとはちょっと距離を感じてるのかなー。





姐さんイカス!やっぱ持つべきものは気のいい姐御だわなー。
真山もとりあえず冷静にはなったみたいだし、野宮への偏見も少しは軽減したかな。





森田ステキ!
でも森田って完璧に“お兄さん”役に徹してるよなあ。このあたりが野宮あたりと決定的に違うところか。

森田って才能もあるし気も回るし、その気になれば相当モテキャラになるはずなんだけど、そういうポジションに立とうという気が端から感じられないんだよな。年のせいとも思えないけど、まだ隠れた設定があるのかな。





森田のそれははぐに対しても同じ。はぐの才能を認め、安易に流されようとしているはぐや、それを黙ってみている花本に苛立つ反面、自からパートナーとしてはぐのサポートに回る気は無い・・・。

まあこのあたりの詳しい心理描写は無いんで森田の真意までは測りかねますけど、やはり自らはぐやあゆ(を含むこの世代の仲間たち)にはある程度の距離を取っているように思えます。もうシリーズも終盤に差し掛かってますけど、このあたりが描かれる場面はあるんでしょうか。





野宮と真山の対比ワロタ。青春スーツって・・・。
でも、とうに過ぎ去ったはずの過去の自分(そっくりな奴)が目の前をウロウロしてるってのはやっぱウザイわなー。(・∀・)

まあそんな真山にも、あゆにも、またはぐにもそれぞれ胸のうちに抱えるものはあるわけで。そういったものを各々がどう処理していくのかが終盤のヤマですかねー。とても自分が関われる次元ではないところで悩むはぐに掛ける言葉を見つけられない竹本もまた然り。ここんとこずっと自分のやりたいことすらわからない竹本ですが、彼は果たして自分の進むべき道を見つけることはできるのでしょうか。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト