深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/9/30 Friday

ハチミツとクローバー #24(最終回)

カテゴリー:  

ハチミツとクローバー 第24話。
あのー、竹本の人相、いきなり変わりすぎなんすけど。(;゚д゚)・・・
てなわけでハチクロも最終回。最後は爽やかにまとめてきましたね。でもやっぱ2クールでこの人数をフォローするのは難しいですなあ。ある程度のまとまりを付けたのは竹本に関してだけで、あゆや真山、森田や野宮達に関しては結局尻切れで終わっちゃいましたしね。

まだ原作の方は続いてるみたいなんで、途中ぶつ切りは仕方ありませんかねー。まあ若干のキレの悪さは残りますが、概ね良作と言ってよかったんじゃないでしょうか。これを機に原作の方も追ってみるかな。





いろんな人との出会いをもたらした自転車の旅も北端の地で終了ですか。でもこういう旅ってなぜか北の方なんだよなあ。自分を見つめなおす旅で南へってのは全く聞きませんねぇ。なんでだろ?
南だとやっぱ遊びに行くってイメージが強すぎるのかなー。

てなわけで帰ってきました学校へ。てか早っ!復路はバッサリ省略ですか。まあ旅の目的は往路で果たしたようなもんだからなあ。





でもなんだかんだで愛されてるじゃん竹本。あたたかく迎えてくれる仲間がいるって幸せなことだよなあ。なんか先生方も大喜びだし。でも女子料理部のサバトは勘弁だわな。

てなわけで秋祭り。なんか去年も同じことやってたような。でも去年ボール投げでホイップちゃんのぬいぐるみ取ってたのは真山なんだよな。やっぱ主役は交代ってことかな。
それにしても竹本、顔変わりすぎだろー。全然人相違うぞ。でもって告白へのはぐの反応はちょとびみょー。はぐってそんなに竹本意識してたっけ?まあ全然関心なかったっけことはないと思うけど、この反応はちょっと違うんじゃないかなーと思ってみたりして。

まあいろいろと未消化の部分は残りますが、とりあえず青春群像劇らしい爽やかな締めになりましたね。最初の頃はちょっとウザかったBFMもだんだん馴染んできて好印象。最終回のEDが“ワルツ”に戻ったのもGood。後味は悪くないっす。
でもやっぱ続きはちょっと気になりますね。原作も読んでみるかな。

 

 ハチミツとクローバー DVD
ハチミツとクローバー 1
ハチミツとクローバー DVD 1
ハチミツとクローバー DVD 2
ハチミツとクローバー DVD 3
ハチミツとクローバー DVD 4
ハチミツとクローバー DVD 5
ハチミツとクローバー DVD 6
ハチミツとクローバー DVD 7
ハチミツとクローバー DVD 8
ハチミツとクローバー DVD 9

 主題歌・サントラ
ハチミツとクローバー オリジナル・サウンドトラック
ドラマチック / ワルツ
ハチミツとクローバー オリジナル・サウンドトラック

 原作コミック
ハチミツとクローバー 8
ハチミツとクローバー 1
ハチミツとクローバー 2
ハチミツとクローバー 3
ハチミツとクローバー 4
ハチミツとクローバー 5
ハチミツとクローバー 6
ハチミツとクローバー 7
ハチミツとクローバー 8

2005/9/29 Thursday

フルメタル・パニック!The Second Raid #10

カテゴリー:  

フルメタル・パニック!TSR 第10話「ふたつの香港」。
相良宗介、へたれ街道まっしぐらの巻。まあカタルシスの前のタメの時期ってのはわかるんですが、これでもかと言わんばかりのへたれ描写ですねぇ。思い通りにならない全ての責任を、自分でなくアーバレストや自分の気持ちを慮ってくれない周りに押し付けて逃げ回ってる主人公の図ってのは、やはり見ていて気持ちのいいもんじゃないですからね。

既に物語は終盤に差し掛かってますし、そろそろ復活を期待したいところ。サブタイを見る限り次回がその契機になりそうなんですが・・・どうなることやら。





宗介の気持ちはわからないではないけど、行き詰まってるときに“自分には全く問題は無い”なんて思い込みは何の進展にも繋がらないんだよなあ。てかそう思ってるのは宗介だけなんだよね。テッサやクルーゾーだけじゃなく、周囲のほとんどの連中は宗介自身の問題を認識してるわけで。今の宗介はあてに出来ないと判断されてしまうのも止むを得ませんね。

てか宗介が役立たずだと決め付けてる機械にすら宗介の問題は明白なわけで。そりゃムカツクかも知れんけどもう少し頭冷やした方がいいわな。





注意力散漫な上結局は職務放棄ですか。もうダメ過ぎ。追い詰められながらもしぶとく活路を模索するかなめとは正反対。まあ今までの自分を支えてきたプライドやアイデンティティがことごとく打ち砕かれてしまった直後ですから仕方ないのかもしれませんけど、ヘタレもここに極まれりって感じ。

まあこれも今後の復活を際立たせるための演出だというのは理解できるんですけど、グダグダが続くのも限度ってものがあります。なんか予告じゃかなめそっくりなお姉さんがでてましたけど、次回は復活への切っ掛けを掴むことができる?もう残り話数も少なくなってきたところですし、そろそろビシッと引き締めて欲しいところです。

かみちゅ! #12(最終回)

カテゴリー:  

かみちゅ!第12話「小さな一歩で」。
さて、全シリーズ中3/4しか放送されない関係で後半めっちゃ駆け足でしたが“かみちゅ!”ももう最終回。今回はゆりえのバレンタイン=ラブラブ大作戦な話。

でもバレンタインがどうのこうのというよりも、今回はゆりえが学校や町のみんなに愛されてるってことがわかるいい話でしたねぇ。ゆりえ自身は最後までドジっ子のままでしたが、周囲のフォローでめでたく健児のハートをゲットできたみたい。まったりほのぼの系アニメに相応しい最終回でした。残り話数はDVDでお楽しみってなところ。DVD版ではTV放映時にカットされたシーンも追加収録されてますしね。





2/14は煮干の日って・・・おまいは全国煮干協会の回し者か?>二宮

でも気合入れてチョコ作ったのにあっさり忘れてくるゆりえドジ過ぎ。まあわからんではないけどね。痛まないように別々にって、分けたばっかりに忘れるってのはありがちだもんなあ。

それにしてもクラスの女子総動員のゆりえフォロー体制って凄すぎ。なんか前日から根回ししてたみたいだもんなあ。渡し場のオバチャンやらなんやら町の人たちもみんな知ってるってのが田舎らしい。でもここまでされるとかえってプレッシャーかもね。完全に退路絶たれてるもんなあ、ゆりえ。失敗は許されないゾ。





告白自体は意外とすんなりいっちゃいましたね。なんか肩透かしな感じ。やっぱ刷り込みが効いたか?
でも今回は祀の励ましも光ってますね。まあ色々と強引なところもあるけど、こと健児へのアプローチに関しては祀の存在は大きいな。もともと知り間ったってのもあるしね。もちろん光恵のフォローも大きいけど、光恵だけじゃ健児への告白までには至らなかったでしょうし。

それにしてもギャラリー多いなー。てか向こうの校舎なんてえらい離れてるんだけどちゃんと見えてるのか?すんげー視力。まあそれだけ多くの人に愛されてるってことなんでしょうね。奉納された絵馬も凄い数だし。

てなわけでまったり系アニメも最終回。こういったほのぼの路線の作品もいいっすね。放映されなかった4話についても期待したいですけど、DVDのリリースまでにはまだ間がありますねぇ。どんな話になってるんでしょうね。

 かみちゅ! DVD 1?8
かみちゅ! 1 かみちゅ! 2 かみちゅ! 3
かみちゅ! 4 かみちゅ! 5 かみちゅ! 6
かみちゅ! 7 かみちゅ! 8

 主題歌・サントラ
晴れのちハレ!
かみちゅ! オリジナル・サウンドトラック
かみちゅ! オリジナル・サウンドトラック

2005/9/28 Wednesday

GUN×SWORD ガンソード #13

カテゴリー:  

ガン×ソード 第13話「夢の途中」。
どちらが正しくて、どちらが間違ってるのかなんていわれてもなあ。なんかどっちとも逝っちゃってるようにしか見えないんですけど。主人公側、仇側のどちらにも感情移入出来ないってのは視聴者としては困ったところ。

それにしてもガドヴェドもう退場ですか。まあ今までの流れからすればここでの退場は不思議でも何でもないんですけど、ここで殺す意味はあまりないよなあ。まあ他にも役者はいるからジジイはイラネってことなんでしょうかね。





まあ最初の一連射は防弾ガラスに遮られたとしても、まわりの鳥に遮られて鉤爪に一発も当たらないってのはムリがあり過ぎ。あんな鳥程度じゃ弾道も変わらないでしょうに。

でも鉤爪ってカリスマティックなキャラなはずなのに言ってる事メチャメチャだよ。ジョシュアみたいなガキならともかく大の大人が何人もよく付いていく気になるよなあ。てか勧誘してるワリには自分達が何をしようとしてるのかの説明が全然ないんだよな。その説明もなしに「私の夢に比べればあなたの夢なんて小さい。だからあなたに私は殺せない。」とか言われても( ゚Д゚)ハァ?って感じでしょ。ましてやこんな状況で仲間になれとか言われても・・・。

まあそれ以前に自分の目的のためなら他人の犠牲など考慮に値しないなどと公言するような人物がカリスマになってるって時点で( ゚Д゚)ハァ?なわけで。
少なくともヴァンやレイの妻が殺された理由が明示されてない以上、ヴァンやレイのような復讐者の存在の方が鉤爪への賛同者の存在よりも説得力がありますね。





ヨロイの操作に関しては流石にヴァンよりもオリジナルセブンの連中の方が数段上だってことのようで。まあそうでなければお話にならないんですけどね。

でもジョシュアが救出した鉤爪を見るなりヴァンがガドヴェドを上回る能力を見せるってのはちょっとご都合主義が過ぎますね。レイと同じように、一旦は破れながらも後に再戦で勝利するという展開の方が流れ的には自然でしょうに。なーんか展開が強引なんだよなあ。
まあ既にシリーズも半分消化なわけだし、まだ未登場のキャラもいるみたいだから余分なキャラは整理ってなことなんでしょうけどね。でもそうならそうで最初からキャラ数絞った方がお話的にはよかったのでは?

てなわけで次回はまた新キャラ登場っぽいですね。OPでもシルエットのままのキャラが後一人いますが、次登場するプリシラって子がそうみたい。OPの登場順からするとヴァン達に加わることになる?さて次回からは2クール目に突入。1クール目は正直ちょっとマンネリ気味だったんで、2クール目にはもう少し変化を期待したいところです。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト