深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/8/19 Friday

ハチミツとクローバー #18

カテゴリー:  

ハチミツとクローバー 第18話「あの人が帰ってきた」。

てなわけで森田が帰京。しかもモカデミー賞を引っさげて。てか何故だか竹本の隣に寝てるし。でも相変わらずムチャクチャやなー森田。加えて卒制はモカデミー賞のブロンズ像を模した純金彫刻!?そりゃー丹下教授も驚くわな。

そんなこんなで森田も卒業?
いやいやそんな簡単に舞台を降りるキャラじゃねーでしょこの人は。





んー森田、帰ってきたかったけど缶詰で帰れなかったって事なのね。授賞式のスピーチも森田らしいといえばらしいわな。でも森田が帰ってくるとなると竹本の頭を過ぎるのははぐのこと。まあそんなに気にするようなことでもないんだけど、やっぱオトコノコだもんね。でもさー、やっぱいくらなんでもいいオトナが病院で騒ぐのは誉められたことじゃないぞー。
・・・とかなんとかやってたら隣に見慣れた顔が!森田いるじゃん!?

それにしても機内食のピーナツ食いすぎで入院ってアホやなあ。いったいどんだけ食えばそんなことになるのやら。でももう卒製の締め切りギリギリだぞ。間に合うのか?って、ちゃんと仕上げてる!?しかも純金手彫り?
これには丹下教授もビックリだわな。でもなんだかんだで卒業のことは考えてたんだなー森田。





てなわけでまた一人巣立って行く仲間達。いつも一緒がアタリマエだった仲良しグループも、結局いつかは離れ離れになってしまうわけで。見送る側にとっても感慨ひとしおってのはわかりますね。8年ギリギリまでいた森田もこれで卒業。丹下先生もお疲れ様。

・・・てなわけでここでお別れ、とは行かないのが森田だわな。なんかすんげーカッコでやってきたぞ!今度は日本画科に入学か!?うひー!!まあ卒業しても残ってるあゆや、就職しても訪ねてくる真山とかもいるわけだしね。でも森田、また8年いる気マンマンかヨ。

でも面子は変わらないとはいえ、お互いの関係には微妙な変化が生じてるのも確か。あゆと真山の関係も、真山がリカさんとの距離を縮めるにしたがって変わらざるを得なくなってきてるし、竹本も森田の帰京を期に自分の気持ちをしっかり確かめる必要が出てきますね。このあたりが今後の物語の中心になってくるのかな。

次回は「止まった時間が動き出す」。森田が帰ってきたことを受けてどう動く、竹本?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト