深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/8/2 Tuesday

GUN×SWORD ガンソード #05

カテゴリー:  

ガン×ソード 第5話「ツインズ・ガード」。
いやーカルメン姉さんじゃないけど後味悪い話ですなあ。アクエリオンで大笑いした後だけになおさら落差が大きいっす。それでもこのエピソードに重要なキーが含まれていればまだいいんですけどね。今までの流れからすると単なる露悪趣味に留まりそうな感じでなんだか・・・。





親の遺産を巡って骨肉の争いって洒落になんないんだよなあ。特に医療関係者とかが身近にいるとその手の話はうんざりするほど耳に入ってくるし。生臭すぎる。まあここまで極端なのはお話の世界ならではだけどね。

でもって今回登場するのは目的のためには手段を選ばない復讐者レイ。ヴァンの黒とレイの白ってのは狙ってんだろね。でもレイのキャラ付けもちょっとやりすぎでリアリティに欠けるかな。ここまで極端だとあっというまに有名になっちゃって行動に支障が出るだろ。前回もいきなり看護婦に銃突きつけてたし。





そしてウェンディもヴァンの過去を知ることに・・・って、志村後ろ!なんか狙われてるんすけど!

まあこの展開で正々堂々の勝負なんてのは望むべくもない罠。ヴァンも他の連中もマヌケ過ぎ。それにしてもいきなりの地殻変動に意味はあるのか?まあこれが何故起こったのかについては後でわかるわけだけど、何故そんな場面を挿入する必要があったのかについては今ひとつ意味不明。雑魚どもをお手軽に一掃する以上の意味は見出せません。なんか手抜きっぽい。

でもってお互い争っていた住民は、もともとはヨロイを動かすためのクローンパーツだったというオチ。しかも感情制御に失敗してコントロール困難な失敗作。“邪魔だったら処分して”って、遺言にしてはなんともつれない。救われねーなー。

そっから先は蛇足だけど、ようやく手を取り合った姉妹も瞬殺だし結局町は全滅だしと最後まで救いのない展開。もっともこのエピソードがシリーズを通して何らかの意味を持ってたりそれなりのメッセージを訴えかけているのであればまだいいんだけど、なんかてきとーに鬱エピソードも混ぜてみましたって感じで後味の悪さだけが残る。そもそも最初からメッセージ性の高いシリーズじゃないんだからジメジメした内容は似合わんでしょ。もっとスカッと爽やかに行きましょうよ。下手に鬱に振るより思いっきりバカに振った方がよっぽどこの番組らしいっすよ。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト