深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/7/31 Sunday

ハチミツとクローバー #15

カテゴリー:  

ハチミツとクローバー 第15話「卑怯な僕が走り出す」。

長い間続いてきた真山とあゆとの微妙な関係に変化をもたらす野宮の存在。そしてあゆやリカとの中途半端な関係から一歩を踏み出す真山。真山の想いは過去に閉ざされたリカの心に届くのか?また後に残されたあゆは?そして野宮はどうする?





うはー、美和子姉さん男らし過ぎ!!
でもこの建築デザイン事務所ってそんなに忙しいの?まるでバブルの時みたいだなー。まあどの業界でも売れてるところとそうでないところってのは格段に差があるからなー。ここは売れてる方なのか。

それにしても真山チョロ過ぎるよ。野宮にいいように釣られてるし。まあここがぺーぺーと歴戦のツワモノの差なんだろうけどな。娑婆はきびしーぞ。





チョコ入りカレー・・・食いたくねー!!
それでも挑む勇者がいるし。てかなんか救急車の音が・・・。合掌。

野宮にとってはあゆと真山の関係が普通じゃないってくらいの事は当然お見通しなんだけど、やっぱ目の前で見せられるとなー。でもそうと知っていても退かないところがツワモノのツワモノたる所以ってところか。真山にはあゆとの仲をこれ以上深める気がないってわかってる以上、ここで退く理由などありませんからね。





いやーこれは気まずいよなあ>あゆ。でもこの野宮の誘い方って絶妙だわな。あゆ、気が動転してワケわかんないうちに連行されてるし。でもって連れてかれた先は蓼科!?やっぱ歴戦のツワモノはやることが違いますな。

でもって真山。そこであゆを責めても仕方ないだろー。そもそも真山があゆを捕まえようとしないのが原因なわけだし。自分で責任取れない以上あゆを束縛するのは筋違いだよ。

でも野宮もあざといなー。そんな対応されたらあゆもタマランだろ。こっ恥ずかしいったらありゃしない。でも思い出してジタバタ転がるあゆはかなり萌え。





「おまえ過保護すぎだぞ」って花本センセ、あんた真山のこと言える立場じゃないし。でも“今度会ったら襲っちゃうかも”って、真山も相当テンパってるなー。まあ花本センセの言う通り、いっそその方がどんな方向にせよ先に進むにはいいのかもね。

でもこの、風呂場で倒れたリカを介抱した後のシーンだけど、こういうのってリカにとっても真山にとってもキツイわなー。呆然としながらも真山のキスを受け入れたリカは、このときどんな気持ちだったのか。





むー、自分に実力が付いてリカとも対等のパートナーとしてやっていけるようになるまで待つつもりだったのか真山。でもそれはやはり遠回り過ぎる気がするなー。リカが真山を遠ざけていた理由はそんなところにあるんじゃないだろうに。まあ今回浅井サンが倒れたことで、真山が一歩を踏み出す機会が与えられたのは確かですな。

今のままだと同じ所をぐるぐる回るだけだと気付き、そしてそこから抜け出そうと動き出す真山。その気持ちはリカにも充分すぎるほど伝わっているはず。動き出した真山にリカはどう答えるのか?予告で次の真山の行動はほとんど丸わかりなんですが、リカは?そして残されたあゆと野宮は?

シリーズも半ばを超え、そろそろお話も動き出す頃合ですね。次回「月が彼女を呼んでいる」も、見逃せません。

1件のコメント »

  1. ハチミツとクローバー 15話「卑怯な僕が走り出す」
    ここのとこ真山と山田メインっぽいけど、アニメで決着つけること出来んのかな?美和子さんオッサンすぎ(笑)しかも力持ち35キロをあんな持ち方で(笑)何歳なんだろな?山田は野宮意識…

    Trackback by こんなの見た買った - 2005/8/1 Monday @ 0:34

このコメントの RSS

コメント投稿フォーム

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>

required

required


深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト