深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/7/28 Thursday

フルメタル・パニック!The Second Raid #03

カテゴリー:  

フルメタル・パニック!TSR 第3話「迷宮と竜」。
これも次回とセットになるみたいですね。前回明らかになった新たな敵の目的はミスリルとアーバレストにあったようで。そいでもって今回見事に釣られちゃいましたってお話。

それにしてもミスリルって結構脆弱な組織なのね。1期でもそうだったけどまたしてもスパイに入り込まれてるし。まあ傭兵集団なんで採用時から細かいところまでチェックするのは難しいにしても、もっとどうにかならんもんかねー。





冒頭の劇中劇「Amazing蜘蛛同心」ってまんまスパイダーマンやんけ。それにしてもかなめってかなり濃い時代劇マニアだったのね。まあそんなのはどうでもいいんだけど。

今回のお話は内戦で南北に分断された中国の和平交渉が謎のテロ組織に襲われるところから始まるわけですが、犯行グループはやっぱあのハゲオヤジなワケね。ハゲるからメットは嫌って。既に遅いんじゃねーの?

でもって作戦会議に見慣れない人がいますねぇ。新キャラですか?でもってテッサと宗介の様子がなんかびみょー。前回のアレを引きずってるにしてもちょっと不自然な感じですな。新キャラといえばもう一人、キャプテン・ブルーノが居ますね。でもなんかこんも人挙動がおかしいんですけど。こんな人に情報の中継役やらせて大丈夫なの?





いくらなんでもスムーズすぎる作戦進行に不安を隠せないミスリルのベテラン連中。でもそれだけで作戦中止ってワケには行きませんからねぇ。まあその予感はバッチリ的中してるわけなんですが。

ほとんど何の抵抗もなく人質が監禁されている部屋に辿り着いたレスキュー部隊ですが・・・うわー例の新人の兄ちゃん、殺され役だったんかヨ!いきなり喉切り裂かれてご臨終ですよ。切り口もパックリってさすが15禁相当やなー。それほどリアルというわけじゃないけどリアリティは充分。

殆んどの通信チャネルは遮断され孤立した救出部隊はいつの間にか完全に包囲されてます。しかも目の前には1期でアノ人が乗ってたラムダドライバ装備機。てなところで次回へ続く?エルフェンリートの後半みたいに強烈な引きだなー。予告じゃマオ姉さんもとりあえず健在のようだけど、この状況からどう巻き返す?次回も目が離せませんね。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト