深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/7/8 Friday

ハチミツとクローバー #12

カテゴリー:  

ハチミツとクローバー 第12話「突然のキス、唐突な別れ」。ずっと取り上げたかったハチクロですが、木曜深夜の分が空いたので今週からやることにします。過去の分は追々追加。

はぐのことが好きなのに、森田との関係も壊したくなくて今一歩が踏み出せない竹本。そうしているうちにもはぐと森田の仲は詰まって行ってるようで竹本は・・・。




それにしても森田のマルチタレントっぷりがステキ。これでもうちょっと場の雰囲気を読めれば最強なんだけどねー。でも森田って雰囲気読んだ上であえてハズシてるようなところもあるからなあ。

確かに山田を狙ってる商店街の3代目連中からすれば真山ほど目障りな存在はねーよなあ。でもパン屋の言う通り山田のスキスキ光線にものともしないのは確かに大したモノかもねー。でも山田、酒屋のクセに酒弱すぎ。




はぐはちょっとナーバスになりすぎてるなー。てか箱入りの期間が長すぎてやっぱ対人能力に難があるのか。それにしてもモテまくりだな森田。貢物の数々がすげー。

とか言ってたらイキナリ何してんだよ森田!?相手によっちゃタダじゃ済まんぞー!!はぐフリーズしてるし!




あーあ、結局寝込んじゃったのかはぐ。でも眠りの森の美女からの花本センセのうろたえっぷりが激しすぎるヨ。まあそうでなくてもはぐが森田に揺れてるのは花本センセにも竹本にもわかってたわけで。

でもそれをハッキリと再認識させられると辛いわな竹本。でも前回真山に指摘された通り、それは自分自身の選択の結果でもあるわけで・・・。




なんてやってたら森田はアメリカに!?しかも半年も!!タイトルどおり唐突な展開ですな。ここで「ラッキー!!今のうちに!!」なんて考えるようなキャラなら竹本も苦労しないんだけどねー。やっぱ心境は複雑だわな。
自分のはぐに対する想いもあれば、(はぐの気持ちもわかっている故に)森田とうまくいった方がはぐの幸せにつながるのでは?という気持ちもまたあるわけで。そこで一方の当事者である森田がいきなりスッポリ抜け落ちてしまうってのは急には納得し難いわね。




なんか森田のアニキがすんげーかっけーんですけど。てかこんなマネージャーがついてたらそりゃ森田でも働かざるを得ないって感じ?少なくとも強引さは森田以上だよなー。でもって気配りも抜かりない感じが只者じゃなさげ。別れ際に竹本に投げかける言葉が意味深ですわなー。

さて、この森田兄の言葉を受けて竹本はどう動く?一応主人公なんだからこのあたりで一発見せないとね。



んーでもこのあたりはやっぱ森田の血筋を感じさせますな。てか森田タクシー(個人)って・・・。Σ(゚Д゚;)

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト