深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/7/31 Sunday

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? #05

カテゴリー:  

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? 第5話「魔法のしっぽ」。

アイシア、勝手に思い違いしたあげくに純一が和菓子しか出せないとわかったらいきなり呼び捨てかヨ。現金なやっちゃなー。まあ“御主人様”は誤解を招きかねない呼び方だからな。呼び捨ての方がまだマシか。




てか何故にアイシアが同じ教室にいるんだ?こんなちびっこいのに純一たちと年は同じかヨ!?Σ(゚Д゚;) となるとなおさら純一と2人暮らしはヤバ気だよなー。いくら“安全”な純一でもこんな迫られ方してたんじゃ辛抱タマランぞ。

まあでもアイシアなら話は別か。アイシアのこの空気読めなさ加減はかなりのブレーキになるわな。




てかどこまでおばかですかこの娘は?純一観察するにしてももちっと目立たんようにできんもんかね。このバカさ加減は美春以上だぞ。




無意識のうちに次々とトラップに嵌めるなんて・・・アイシア、恐ろしい子!!最後は自分まで嵌まってるし。

でも初音島のゴミ処理ってすんげー大雑把だなー。家具や什器までいきなりプレスかよ!?こんなのって引き取り業者だって居るだろうに。せめて金属と木材くらいは分別しろよな。





魔法なんて使えないぞ。このままじゃ2人ともぺしゃんこだ!早くプレス機を止めるんだ3PO!!
てかこの期に及んでパンツとか気にしてる純一が・・・(ノ∀`) そんな状況じゃなかろうに。てかアイシア、せっかく捕まえてもらったんだからいつまでも純一にぶら下がってないでさっさと梯子上れよ。そうしている間にもゴミの壁が迫って来てルー!!

てなところでR2ならぬことり登場。やっと間に合いましたか。てかこのゴミ処理場って何故に無人くん?あぶねーなー。



なんか純一が大魔法使いじゃないとわかった途端に呼び捨てになってるし。アイシアも現金なやっちゃなー。でもまだ純一の家にはいるんだよな。メイド転じてただの居候?でもまあ食材とか盛大に無駄にされるよりはなんぼかましか。でもそのあたりはあまり変わらないような気もするけど・・・。

さて、長かったアイシア編も一旦終り?来週は美春の話っぽいっすね。いったいどんなお話になっていくのやら。

ハチミツとクローバー #15

カテゴリー:  

ハチミツとクローバー 第15話「卑怯な僕が走り出す」。

長い間続いてきた真山とあゆとの微妙な関係に変化をもたらす野宮の存在。そしてあゆやリカとの中途半端な関係から一歩を踏み出す真山。真山の想いは過去に閉ざされたリカの心に届くのか?また後に残されたあゆは?そして野宮はどうする?





うはー、美和子姉さん男らし過ぎ!!
でもこの建築デザイン事務所ってそんなに忙しいの?まるでバブルの時みたいだなー。まあどの業界でも売れてるところとそうでないところってのは格段に差があるからなー。ここは売れてる方なのか。

それにしても真山チョロ過ぎるよ。野宮にいいように釣られてるし。まあここがぺーぺーと歴戦のツワモノの差なんだろうけどな。娑婆はきびしーぞ。





チョコ入りカレー・・・食いたくねー!!
それでも挑む勇者がいるし。てかなんか救急車の音が・・・。合掌。

野宮にとってはあゆと真山の関係が普通じゃないってくらいの事は当然お見通しなんだけど、やっぱ目の前で見せられるとなー。でもそうと知っていても退かないところがツワモノのツワモノたる所以ってところか。真山にはあゆとの仲をこれ以上深める気がないってわかってる以上、ここで退く理由などありませんからね。





いやーこれは気まずいよなあ>あゆ。でもこの野宮の誘い方って絶妙だわな。あゆ、気が動転してワケわかんないうちに連行されてるし。でもって連れてかれた先は蓼科!?やっぱ歴戦のツワモノはやることが違いますな。

でもって真山。そこであゆを責めても仕方ないだろー。そもそも真山があゆを捕まえようとしないのが原因なわけだし。自分で責任取れない以上あゆを束縛するのは筋違いだよ。

でも野宮もあざといなー。そんな対応されたらあゆもタマランだろ。こっ恥ずかしいったらありゃしない。でも思い出してジタバタ転がるあゆはかなり萌え。





「おまえ過保護すぎだぞ」って花本センセ、あんた真山のこと言える立場じゃないし。でも“今度会ったら襲っちゃうかも”って、真山も相当テンパってるなー。まあ花本センセの言う通り、いっそその方がどんな方向にせよ先に進むにはいいのかもね。

でもこの、風呂場で倒れたリカを介抱した後のシーンだけど、こういうのってリカにとっても真山にとってもキツイわなー。呆然としながらも真山のキスを受け入れたリカは、このときどんな気持ちだったのか。





むー、自分に実力が付いてリカとも対等のパートナーとしてやっていけるようになるまで待つつもりだったのか真山。でもそれはやはり遠回り過ぎる気がするなー。リカが真山を遠ざけていた理由はそんなところにあるんじゃないだろうに。まあ今回浅井サンが倒れたことで、真山が一歩を踏み出す機会が与えられたのは確かですな。

今のままだと同じ所をぐるぐる回るだけだと気付き、そしてそこから抜け出そうと動き出す真山。その気持ちはリカにも充分すぎるほど伝わっているはず。動き出した真山にリカはどう答えるのか?予告で次の真山の行動はほとんど丸わかりなんですが、リカは?そして残されたあゆと野宮は?

シリーズも半ばを超え、そろそろお話も動き出す頃合ですね。次回「月が彼女を呼んでいる」も、見逃せません。

2005/7/30 Saturday

SHUFFLE! #04

カテゴリー:  

SHUFFLE! 第4話「幸せのタマゴ焼き」。
今回はネリネのお料理特集。次回は楓の出番?それとも・・・?

それにしても料理できない系のお話はどれもこれもワンパターンですな。授業中までやってた包丁捌きのイメージトレーニングが最終的には全然役に立ってねーのもなんだかなー。第一今はスライサーとか文明の利器があるわけだから、単に切るだけにそこまで力入れる必要ねーし。記号的表現としてそういうシーンを使ってるのはわかるけど、個人的にはもっとストーリーに絡めた使い方をして欲しいところ。





頬を染めたり怒ったり翳りを見せたりと忙しいですなあ。まあ今回は全編通してそれ程の内容はないんですけどね。てなわけで才色兼備のネリネちゃんも、料理はからっきしダメダメだっちゅーことですわな。

でも家事一切パパにお任せで自分では何もしてなかったってのはさすがお嬢様育ちですなあ。キャラの性格付けからして苦手な分野から逃げ回ってきたっちゅーわけでもなさそうなんだけどね。





以前も書いたけどこの手の番組で料理苦手っつーと展開はほとんどワンパターンなんだよね。実際きゅうり切るのにそんなに苦労したり、卵割れるようになるまで何十個も練習しなきゃなんねーなんてありえねーでしょ。まあそれでも得体の知れないグログロな料理らしきものが出てこなかっただけマシか。

てなわけで出来上がったのは巨大玉子焼き?てかだし巻きをあの大きさで作る方が大変だと思うけどなー。謎だ。

2005/7/28 Thursday

フルメタル・パニック!The Second Raid #03

カテゴリー:  

フルメタル・パニック!TSR 第3話「迷宮と竜」。
これも次回とセットになるみたいですね。前回明らかになった新たな敵の目的はミスリルとアーバレストにあったようで。そいでもって今回見事に釣られちゃいましたってお話。

それにしてもミスリルって結構脆弱な組織なのね。1期でもそうだったけどまたしてもスパイに入り込まれてるし。まあ傭兵集団なんで採用時から細かいところまでチェックするのは難しいにしても、もっとどうにかならんもんかねー。





冒頭の劇中劇「Amazing蜘蛛同心」ってまんまスパイダーマンやんけ。それにしてもかなめってかなり濃い時代劇マニアだったのね。まあそんなのはどうでもいいんだけど。

今回のお話は内戦で南北に分断された中国の和平交渉が謎のテロ組織に襲われるところから始まるわけですが、犯行グループはやっぱあのハゲオヤジなワケね。ハゲるからメットは嫌って。既に遅いんじゃねーの?

でもって作戦会議に見慣れない人がいますねぇ。新キャラですか?でもってテッサと宗介の様子がなんかびみょー。前回のアレを引きずってるにしてもちょっと不自然な感じですな。新キャラといえばもう一人、キャプテン・ブルーノが居ますね。でもなんかこんも人挙動がおかしいんですけど。こんな人に情報の中継役やらせて大丈夫なの?





いくらなんでもスムーズすぎる作戦進行に不安を隠せないミスリルのベテラン連中。でもそれだけで作戦中止ってワケには行きませんからねぇ。まあその予感はバッチリ的中してるわけなんですが。

ほとんど何の抵抗もなく人質が監禁されている部屋に辿り着いたレスキュー部隊ですが・・・うわー例の新人の兄ちゃん、殺され役だったんかヨ!いきなり喉切り裂かれてご臨終ですよ。切り口もパックリってさすが15禁相当やなー。それほどリアルというわけじゃないけどリアリティは充分。

殆んどの通信チャネルは遮断され孤立した救出部隊はいつの間にか完全に包囲されてます。しかも目の前には1期でアノ人が乗ってたラムダドライバ装備機。てなところで次回へ続く?エルフェンリートの後半みたいに強烈な引きだなー。予告じゃマオ姉さんもとりあえず健在のようだけど、この状況からどう巻き返す?次回も目が離せませんね。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト