深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/6/21 Tuesday

エルフェンリート #12

カテゴリー:  

エルフェンリート第12話「泥濘」。
ついに甦るコウタの記憶!過去を取り戻したコウタとルーシーは――

まあでもこの12話って評価が分かれる回なんですよねー。本当に良く出来てはいるんだけど、お話を短い尺に収めるためにかなり無理してるのも確か。詰め込んでる割にお話自体はほとんど進んでないしね。やはり最終話とセットで見ないとキビシイかな。
それにしても白河タソの扱いが・・・(ノД`)・゚・。




あー、子供って無邪気に昆虫バラしたり蛙とかの小動物殺したりするからなあ。流石の白河も顔そむける程ぐっちゃんぐっちゃんやってんのかヨ。

でもナナって対ディクロニウス戦闘では詰めが甘いだけでかなりイイ線行ってんだよなあ。最終的にはことごとく相手の無力化に成功してるし。“ベクター封じ”はナナだけの特殊技能だしね。でも相当追い込まれないと実力出せないのが珠に瑕。攻撃性も例外的に弱いんで兵隊向きじゃないわな。

そして最終2話は完全にアニメオリジナル展開。ここでナナとマリコは一旦退場してルーシーの登場ですよ。




白河、せっかく斎藤に助けてもらったのに犬死にし過ぎ!!
まあ尺が短すぎて白河のキャラ掘り下げるまで至らなかったのは仕方ないよなあ。カナエと同じ死に方をすることでコウタの記憶を解き放つトリガーになったわけですね。なんかもったいねー。



そして舞い踊る殺戮の天使!!目の前で繰り広げられる惨状にコウタは封印された記憶を呼び覚ます!!




し、志村後ろーーーー!!!
ルーシーの危険性を必死に訴えても全然相手にしてもらえないどころか嘘つき呼ばわり。しかも大好きなコウタから最後に聞いた言葉が“カナエなんてもう大嫌いだ!”って・・・。カナエ、哀れすぎ。(ノД`)・゚・。

でもコウタ、ユカのもとへ向かうルーシーに果敢に飛び掛って制止するってすげーなー。普通の子供ならショックでおろおろするくらいしか出来ないだろ。まあその後PTSDで記憶を飛ばしてしまうわけだけど。本人は全然気付いてないけど、ユカも命拾いしたなー。

でもこの時、ルーシーの目にも涙が・・・




そして8年ぶりの対峙。「君は一体誰なんだ?なぜ――」と、原作では100話近くになってやっと出てきた展開に・・・でも、そこに水さす男が一人!!って、全然空気読めてないヤツキタ━━(-д-)━━ !!!!!

てか、反射的にルーシーを庇うコウタって、アンタ本当に素人かヨ!?


てなわけでコウタとルーシーの対話はお預けに。次回はベクターを封じられたマリコも復活、蔵間やナナも揃って最終幕を迎えます。復活したマリコとルーシーの決戦の行方は?そしてナナはどうなる?
次回、最終話「不還」をお楽しみに!

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト