深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/6/18 Saturday

フタコイ オルタナティブ #11

カテゴリー:  

フタコイ オルタナティブ、第11話「燃える二子魂川」。

何この超展開?( ゚Д゚)ポカーン
予想もできない展開・・・っていうのは誉め言葉にもなるんですけど、今回は遥かナナメ上をぶっ飛んで逝ってますヨ。てかドイツって何?何でそんな蚊トンボみたいな複葉機で?てかそんなのどこから持ってきたの?




まあ取って付けたようなイカファイヤーの説明はともかく、ようやく序盤のようなアクションシーンが復活してきましたね。てかハリーかっけー!!あっという間にやられちゃったけど。

でも恋太郎、運転中の携帯電話は禁止だぞー。



イカ強えー!自衛隊も一撃かヨ!!ってあのミサイルはどっから出てきたんだ!?恋太郎もなんだか最初の方の仮面ライダーみたい。

でもイカスミ攻撃であえなく沈黙!?最初は滑ったんかと思ったけど、目眩ましの後のミサイル攻撃にやられてんのね。でも・・・


この人たちは一体・・・? ネコミサイル? 遊んでんなー。



“恋太郎を信じる!”双樹健気でかわえーなー。でも・・・
ありり? 恋太郎、再起はいいんだけど何故に競争に!?そんなことするために追っかけてたのか!?



なんだかイカとの戦いはウヤムヤのうちに終わって病院に・・・。フォローも無しかよ。結局どうなったの?

霜島サンが告げるイカファイヤーの正体と“わだつみ機関”についてのお話、そして沙羅が旅立った話・・・。正直展開が唐突過ぎてムリヤリ感が強いんですけど・・・。ロビーには茶髪綾波と音速丸?音速丸よく出ててるなー。数話前にも出てたよね。




そんな最終兵器あるんなら最初からとっとと出せよ霜島さん!悠長にテレビ見てる場合じゃないだろ!?なんかイカもあっさり撃退されたようで描写もないっすよ。てかもうイカ退場ですか・・・一体何だったの?てかいきなり自家用機でドイツへ!?免許は?国境はどう越えるん?てか燃料持つん?いくらリアリティ無視っつーても、コレはいくらなんでもやり過ぎだろ!?

なんか予想のはるかナナメ上を行く展開にビックリですよ。いや確かに最初からリアリティーは追求してませんけどね、これはかなりハズレて来た感じがぬぐえないなあ。あと2話だけど一体どうまとめるつもりなんだろう?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト