深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/6/4 Saturday

フタコイ オルタナティブ #09

カテゴリー:  

フタコイ オルタナティブ、第9話「ふたこい」。
「白鐘沙羅は、そうして、俺たちの正三角形から抜け落ちたのだった――」

ムリヤリ盛り上がろうとするものの、かえって白けてしまう双樹と恋太郎のやり取りが・・・。(ノД`)・゚・。




気まずい夜が明けて、三ツ木公彦が来て、沙羅が去っていった・・・。いろいろあったけど、よく考えるとこれってたった一日の出来事なんだよね。以前からその日が来るのを覚悟していた沙羅や双樹ならともかく、恋太郎にとっては何がなんだかわからないうちに全てが終わってしまった・・・そんな感じかも。ヘタレな行動も仕方ないのかなー。でもいくら要求しようにも人生には“やり直し”は効かないんだよな。いつでもリセットできるゲームとは違って。




激しい妄想だなあ。(ノ∀`) でもどんなに考えても仮定の話は現実にはなり得ないんだよねぇ。バカっぽく掛け合う2人の会話も隙間風が吹きぬけるようでなんだか寒々しい。でも、もしもなんて、ない。それは恋太郎だってわかってはいるんだけど――。




それにしてもこの現実は激しすぎるだろー。イキナリ放火で事務所全焼かヨ。せっかく修理した屋根にも大穴あいてるし。でもこの穴見ると結構修理いい加減だったんだなー。

双樹が見つけた3人でいた頃の写真。よく残ってたなー。まあこれで生活の方にも強制リセットがかかってしまったわけで、これから2人の生活を楽しみましょーよろしくね♪ってことにしてみたんだけど――。




まあそうそうすぐに切り替えは出来んわな。双樹も、沙羅も、恋太郎も。でも恋太郎って“普段は全然ダメだけど、やるときはやる人!”なわけでしょ。いつまでもぐだぐだはしてらんないぞー。

てなわけで物語は“タメ”の時期へ。ここでグッと力を溜めて、クライマックスは一気にはっちゃけるか!?

エルフェンリート #09

カテゴリー:  

エルフェンリート第9話「追憶」。物心ついて以来虐待を受け続けたルーシーが、初めて出会った“自分をまともな人間として見てくれる”コウタ。コウタと過ごした“今まで生きてきて一番楽しかった”時間。でも、その時間は長くは続きませんでした。(ノД`)・゚・。



ルーシーって、よっぽど愛情に飢えてたんだよなあ。普通の人間との付き合いは結局自分を傷つけることになると警戒していながらも、優しくされるとついすがってしまう・・・。てか今までが酷すぎたんですわな。そして今のルーシーは生きるために殺しを止められない荒んだ毎日を送っているわけで。でも、実際に周りの愛情を受けることなく虐げられて暮らしている子供って、実際いるんですよね・・・。




普通の子にはどうってことない動物に異様に喜ぶルーシー・・・。(*´Д`*)

でもそんなルーシーも、生きるために関係ない他人を犠牲にしている罪の意識に苛まれているんですね。根っからの冷酷な殺人鬼ってわけじゃないわけで。でも彼女にとっては、そんな良心など端から無い方が楽なんでしょうけどね。




ホントこの作品って上げたり落としたりが激しいよなあ。人生最高の時を過ごした直後にドン底まで叩き落されるルーシー(ノД`)・゚・。あと少し、ホンの少しの幸せを欲しがったばっかりに・・・。そしてこの不幸な偶然が、ルーシーの中に抑え込まれていたディクロニウスとしての本能を解き放つことになるんですね。やっぱコウタが原因かヨ!




怒りに任せて周りの人間を無差別に殺戮するルーシー。そしてその光景を家政婦は見た―もとい、妹は見た!
でも小さなカナエの言う事に、誰も取り合ってくれません。別れを惜しむユカとコウタ。そして、これから電車に乗り込もうとするコウタ達の背後に、ルーシー キタ━━(((( ;゚Д゚)))━━ !!!!!

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト