深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/5/26 Thursday

英國戀物語エマ #08

カテゴリー:  

エマ、第8話「時計」。やっぱり、こう来ましたか・・・。今回のエピソードも原作とは違いますけど、それでも原作のエッセンスは崩さず見事に仕上げてきてますね。素晴らしい。

でも流石にこのペースだとやはり原作2巻、もしくは3巻冒頭くらいで1クール終りになりそう。エマの物語が大きく動き出すのはそこからなんですけどねぇ。ホントに2期ないの?発表されてないだけで実は準備されてたりして・・・。マリみての時のように。




クリスタルパレスの一件以降、しばしば手紙のやり取りをするようになったエマとウィリアム。そんな2人をケリーは優しく見守っていました。そんなケリーですが、最近亡夫の形見の時計がねじを巻いてもすぐに止まってしまうのが気になります。時計を修理に出しに行ったエマ。帰りに読んだウィリアムからの手紙に先行きの不安を感じます。

時計のくだりはアニメオリジナル。元は原作6話のエピソードですが、ストーリーの流れに沿って改変されてます。流石にこちらの構成の方が洗練されてますね。今回の先行きを案じさせるシーンです。




手紙に書いた通り家族にエマとの交際を認めさせようとするウィリアムですが、当然ながら家族は猛反対。個人的な価値観ならともかく、先祖の努力や使用人たちへの責任まで持ち出されるとウィリアムもなかなか強くは出れないところ。

エレノアの話を持ち出すのがグレイスからヴィヴィに変わってますね。まあ話の流れ自体が全然違うんで、この場合キャラの性格的にヴィヴィの方がふさわしいかも。それにしてもしれっと話を振るハキムがなかなか・・・。まあここを乗り切れなければ話は始まらないんですけどね。



ケリーに不安な心持ちを打ち明けるエマ。ケリーは“あなたなら、大丈夫”と励ますのですが――

ウィリアムがいくら意気込んでもそうすんなり事が運ぶ筈がないことはエマの方がよくわかってるわけで・・・。ここが坊ちゃんの男の見せ所なんですけどね。



思い叶わず自室で今後を思うウィリアム。ウィリアムの思いを否定したリチャードも、妻の肖像を前に過去の出来事に思いをはせるのでした。

むー、最終話までにかーちゃんのエピソードまで辿り着くのはムリな気がするんですが・・・。



ケリーからエマとウィリアムの仲について聞かされたアル。“エマの力になってあげて”とのケリーの頼みに、アルは静かにうなずいてケリーの手を握り締めるのでした。

なーんかえーなあ。これも原作8話の一部を改変した場面ですが、原作よりずっと気持ちがこもったシーンに仕上がってますね。でも、なんか遺言みたいな・・・



修理に出していた時計を受け取ったエマ。そんなところにアルが慌てて下りてきます。“医者を呼んでくる!”アルのただならぬ様子にケリーの部屋へ駆けつけたエマでしたが、ケリーは既に――

。・゚・(ノД`)・゚・。

結局ケリーの最期を看取ったのはアルだったのね。まあケリーも大往生だわな。でもエマとしてはケリーの臨終に立ち会えなかったのは心残りかなあ。それに今後のこともあるわけだし。まあ今はそれどころじゃないんだろうけど。

さて次回、第9話は「ひとり」。あのエピソードに丸々1話使うのね。

1件のコメント »

  1. 【感想】『英國戀物語エマ』第八章?時計?
     「あのエマが好きになったのよ」  この、何の変哲もないケリー(CV:中西 妙子)の台詞は、自分の胸に深く突き刺さりました。  ほんの少し、本当にほんの少しだけ

    Trackback by 『遍在 -omnipresence-』 - 2005/5/26 Thursday @ 21:05

このコメントの RSS

コメント投稿フォーム

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>

required

required


深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト