深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/5/14 Saturday

これが私の御主人様 #05

カテゴリー:  

これが私の御主人様、第5話「親の遺産を受け継いで一人暮らしをしている思春期真っ只中の少年が世間の目が届かないのをいいことに広大な屋敷にいたいけな少女を囲って欲望の赴くままに自分の趣味の世界を作って奉仕させているという噂」。なげー。でもそのまんまやな。

さて今回は、いずみとみつきの家出の理由について語られます。いいタイミングでしすね。いつもとはちょっと違った雰囲気がちょっとしたアクセント。でもまあ大筋はいつものドタバタなんですが。

それにしてもみつきの性格ってモロかーちゃん似なのね。



いつものようにいずみをイビリ倒していた義貴。自慢の鯉をポチに食い荒らされご機嫌ナナメ。そんな中林邸に突然の来訪者。いずみたちを連れ戻しに来た沢渡の両親でした。

いやー何気に安奈のアクションがすげーなー。てかこのオヤジ、見てくれはイケメンっぽいけど、性格ちょっとやばくね?



サブタイ通りの噂にいずみたちを連れ帰ろうとする父親ですが、絶対に帰りたくないとごねるみつき。しかも莫大な借金を抱えてるとなれば無理に連れ帰るわけにも・・・。ところが頑なな姉妹と義貴を見て瑞穂(母)にあるアイデアが――

すんげー噂だなー。でもまんま事実だってのが・・・。でも瑞穂かーちゃん、やっぱみつきの母親だわな。やっぱ血ですか。



義貴が18になったら結婚しなさいとけしかける瑞穂。抗議するいずみですがやっぱり意識してしまいます。でもそれじゃあ納得いかないオヤジ。結局いつものように勝負することに。

嫌よ嫌よも好きのうち?いずみも結構義貴を意識してんだよなー。まあ四六時中一緒に居れば仕方ないのか?たとえいびられ続けてたとしても。



ポチの気を惹こうとお宝を持ち出す3人。義貴が繰り出したお宝DVDに飛びつくポチでしたが――

そりゃいずみが黙って見てるわけねーわな。でも義貴はともかく安奈は下着ドロもやるんかヨ。まあ意外って程でもないけど。でもオヤジ、その写真はいつも持ち歩いとるんか?



結局ポチは義貴に買収されることに。一旦は覚悟を決めたものの、やっぱり逃げたいずみは結局瑞穂のワナにかかって義貴の面前に!

うわーいずみ生贄状態。みつき&瑞穂組、すんげーコンビやなあ。てかここまで来るといずみが哀れや。(ノД`)・゚・。



いずみのファーストキスはもはや風前の灯火!でも、そうそう義貴の思い通りになるわけありませんな。



結局居続けることになった沢渡姉妹。たまには顔を見せに来いという母に今はまだ帰れないと返すいずみ。義貴もどうして2人がそこまで頑ななのか、どうしてそこまでしてポチを庇うのか、みつきに尋ねるのですが――



みつきは、以前は他に2頭のワニを飼っていたことや、自分の不注意でワニが暴れてその結果2頭とも処分されてしまったことなどを語ります。

まあ仕方ないといえば仕方ないっすけどね。てかワニって時点でちょっと子供と一緒に飼うのは無理があるわけですが・・・。でもそのあたりを問題にしちゃうとこの作品自体が成り立たないんだよなあ。



後に残った卵から生まれたのがポチ。自分の不注意で親を死なせてしまったうえに、ポチまで死なせるわけにはいかない。だから家を出た・・・。そんな話を聞いて、みつきを連れて家を出たいずみもまた苦労してるんだな、と思う義貴でした。

んー。ちょっとお話作りが強引で正直微妙な感じはするものの、まー言いたいことはわかるって感じかなー。今回は作画もだいぶ持ち直してましたし、作りとしては悪くはないですね。でもジワジワとマンネリ化の兆しが見えているのも確か。もう少し変化が欲しいところ。どうでもいいけどなんだかいずみが巨乳化してるような気がすんだけどどうよ?確かにもともと小さい方じゃなかったと思うけどあんなにデカかったかー?

次回も、タイトルなげー。省略。また新しいキャラが出てくるのかなー。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト