深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/5/5 Thursday

いちご100% #05

カテゴリー:  

なんかすんげー飛ばしっぷりだなー。冒頭の西野との再会から映画撮影へ向けてのお話になるのかと思いきや、いきなり水着合宿かヨ。てかもう既に夏?アレ??

先週のさつきとの出会いエピソードって新学期の話だったんじゃ?冒頭の西野との再会って先週の続きだよね・・・なんか季節が全然合ってないんですけど・・・。いやー、すんげーシナリオだなー。ご都合主義自体は珍しくも何ともないけど、ここまで飛びまくってるのはさすがに珍しいんじゃ?



久しぶりにつかさと会った真中。「私も(真中のように)“やりたいこと”を持ってみたくてクッキングスクールに通ってるんだ―」と語るつかさに刺激され本格的に創作活動を始めようと決意するのですが、綾も加わり再生した映像部の最初の活動は・・・水着合宿??

出だしは普通の学園青春モノっぽかったんですがねー。この季節感を無視した強引な展開はキョーレツですな。この先生ってクラブ活動にかこつけて自分が遊びたいだけ?



女性陣の水着姿と聞いて盛り上がる男子部員たち。そんなメンバー達をよそに真中は綾と自宅でビデオ研究をしようと持ちかけるのですが―

さつき、その脚はなんなんだ?今時こんなポージングありかヨ。でもまあ見所は真中の家でビデオ鑑賞と聞いて顔を赤らめる綾ですなー。大人しい顔して何考えてたんでしょーねー。(・∀・)ニヤニヤ



久しぶりの二人の時間を楽しむ真中と綾でしたが、イイところでさつきからの電話が。綾も動揺を隠せません。真中の家に綾もいると知ったさつきは部員達と真中の家に押しかけますが―

うわー作画が作画がー!!冒頭からところどころ綻びを見せていたんですがここに来て大崩壊しとりますヨ。シナリオもベッタベタだし。こーいう流れだと次は――



イキナリさつきや綾の胸を揉み始める黒川先生!?真中の部屋は大混乱。そんなところへ――

やっぱりこうなる罠。でもこの展開はいくらなんでもアンマリじゃない?黒川センセもこれじゃまんま痴女だし。それに今回ソフトフォーカス使いすぎ。女性キャラがクローズアップされる度にソフトフォーカスじゃメリハリ効かないよ。

加えて唯の登場って今回これだけ?予告ではあんなに存在感あったのに。てかこれでAパート(1話分)終りかヨ!?



さて夏合宿。人のいないしょぼい海岸にしょぼい宿。それでも男女同部屋と聞いて興奮する男ども。ふすまに耳を押し当てて着替えの様子を窺がう男子部員たちでしたが―

本来ならサービスシーンなんでしょうが、今回作画がしょぼ過ぎてお話になりませんヨ。物語で引き込む作品じゃないんだからこんなんじゃーしょーがないんじゃ?




真中だけがモテてることが気に入らない小宮山たちは腹いせに真中を女風呂へ投げ込みます。その夜、ジュースでも買おうと外に出た真中は、同じく眠れないさつきと顔合わせ。話でもしようと布団部屋に真中を連れ込むさつきですが―

すんげー力技の展開ですなー。まあこれで作画がA級なら力技で押し切ることも出来たんでしょうけど今回はあまりにもメタメタでしたからねー。結局Bパートも話としてはまとまってませんし、ちょっとキビシイ回だったかも。まあ作画も部分部分では持ち直してるカットもありますから、問題は予算や納期の厳しさなんでしょうかね。でもこの調子で最後まで持つのかなー?バカアニメならバカアニメらしく、押さえるところはきっちり押さえて欲しいところです。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト