深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/4/30 Saturday

ああっ女神さまっ #16

カテゴリー:  

さて、今週の女神さまは「ああっ災い来たりて茶柱立つっ?」
んー。なーんかここんとこずーっとお話が低調ですなあ。見ててだんだん辛くなってきたぞ。こんなペースがずーっと続くんならこれもリストラするかも。



ばんぺい君のガードで螢一&ベルダンディーに近付くことさえままならないマーラー。恵に取り憑く事でガードの突破を試みます。

むー。マーラーってそれなりに力を持ってる設定のはずなのにあまりにもマヌケ過ぎるんだよなあ。そんなに回りくどいことする必要が本当にあるのか?



とりあえず気付かれずに接近することは成功。貧乏神を召喚して螢一を不幸のどん底に落とす計画を実行しますが――

みょーなキャラ出してきたなあ。若本ボイスが胡散臭さを倍増させてますね。でもやってることはあまりにもバカバカし過ぎるよ。そんなんでえーんか?



手始めに螢一を幻惑させて沙夜子にけしかけるものの、どういうわけか螢一をフォローするアクシデントが発生。螢一不幸化計画第一弾は失敗に。

えー、これってフォローになってんのか?てかベルダンディーの解釈、強引過ぎだヨ。



マーラーは次々に手を繰り出すもののことごとく失敗に。

この、同じようなパターンを繰り返す手法って流行なんでしょうかねー。面白い?



ベルダンディーの存在が邪魔だと判断したマーラーは、密かにベルダンディーの力を妨害。千兵衛の不幸パワーで螢一の乗っていた車は炎上。マーラーの妨害で方術が効かず焦るベルダンディーですが――

うわー燃えてるよ。これは普通なら助からんわ。てかイキナリ極端に走るなあ。



マーラーにぬいぐるみにされていた地霊が到着、マーラーの企みを暴きます。力を解放されたベルダンディーは無事火を消し止めメデタシメデタシ。

なーんかお話作りがテキトーだなあ。原作もマンネリ化して久しいけど、アニメまでマンネリ化させる必要はないでしょー。キャラさえ出しとけばストーリーは手抜きしてもファンは付いてくるとでも思ってるんかなー。ジンキエクステンドとかと似た臭いを感じるぞ。今のところあそこまで酷くはないけど。

でもこのままじゃマズイんじゃ?今期の木曜深夜は新番も充実してるんだから、あんまり手を抜いてると他に視聴者持ってかれちゃうよ。

・・・とは言ったものの、最近の作品の傾向から考えるに今の視聴者の多くはストーリーなんてたいして重視してないのかなー。おいらみたいにお話を重視する視聴者は実はホンの一部でしかなくて、営業的にはウケ線のキャラさえ出しとけはお話はテキトーでもそれなりに数字が稼げるのかもね・・・。
なんだかなあ。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト