深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/4/29 Friday

フタコイ オルタナティブ #04

カテゴリー:  

フタコイ オルタナティブ、第4話は「ニコパク ラプソディ」。うははは、アノ桜月姉妹をこーんな使い方するとはねー。ゴスロリ仮面って何だヨ!?

でも今回はお話的にはいったん一休みなのかな。これまでの流れとは今ひとつ繋がってないような・・・。でも引き際に次への展開を仄めかすシーンを入れてきてますから、次回から新しい局面に入るのかも。



二子魂川大博覧会(通称ニコパク)へ向けて政治工作に余念のない桜月組長。関西から凄腕の地上げ屋を呼んで強引に用地買収を図るのですが、謎の二人組“ゴスロリ仮面”に阻まれて計画は難航することに――

まあ大きなイベントにはいろいろ利権が絡んでますからねぇ。でもどっかのイベントに喧嘩売ってるような話だなぁ。

でもってそれを妨害するのが謎の二人組“ゴスロリ仮面”。でもほとんど仮面になってませんヨ。バレバレじゃん。それにしても前作の桜月姉妹とはえれー違いだなあ。この超絶身体能力は一体何デスカ?
そういや雛菊るる・ららも1話でムチャしてたよなあ。



とにかくゴスロリ仮面をなんとかしないとどうにもならないと、組をあげてゴスロリ仮面を排除することに。そんなところに現われたのは恋太郎。人探しは探偵の仕事・・・と売り込みをかけます。桜月組にしても大勢の実力者が絡むこの大仕事、頓挫させるわけには行きません。

てかこの時点で既に恋太郎はゴスロリ仮面が誰だかあたり付けてますねぇ・・・てか判らない方がおかしいんだけど。でもこの手のストーリーではお約束ですわな。それにしてもキラとユラ、天井の穴から覗き見ってなんだか時代劇の忍者みたいだなー。天井板って薄い板切れ張ってるだけだから体重かけるとバキッと行くぞー。



それにしても大丈夫かこの組?お約束にしても鈍すぎだろー。まあさすがに恋太郎にはバレてるわけですが。



・・・って恋太郎もあてずっぽかヨ!でもまあ確かに小手先の妨害だけじゃ計画を押し止めるまでには至りませんわな。てなわけで根本対策を考える5人ですが・・・桜月姉妹なんかぶっそーなモノ持ち出してきてますヨ!そんなもん普通のご家庭にはナイナイ!
でもトカレフじゃなくてマカロフってところがちょっと通っぽいですな。



てなわけで沙羅・双樹組が囮になって追手を引きつけて、その隙にキラ・ユラ組が裏帳簿を奪取することに。とりあえず帳簿はゲットしたものの、若頭に見つかって――

あー、そんなにC4てんこ盛りにしたら金庫どころか家ごと吹っ飛ぶんじゃ?でもまあ間一髪で沙羅と双樹は助かりましたな。



橋の上まで逃げてきたゴスロリ仮面は帳簿を川に!慌てて川を探す桜月一家。でも本物の帳簿は恋太郎が受け取っていたのでした。



この帳簿をどうするか・・・さすがに思い切れないキラとユラ。結局組長に返すことに。組長も娘二人の気持ちを受けて計画を諦めます。めでたしめでたし・・・って、実際そう上手くはいかんだろ!!後始末が大変だぞこりゃー。

さて今回の最後ではまた新しいキャラがチラッと出てきましたね。ようやくストーリーが形になってくるのかな?
今回はこれまでとはかなり趣向の違うお話でしたが、そんな中にもジワジワと伏線が張られているのでしょうね。どんな形でそれが現われてくるのか楽しみです。次回「7 DAYS(…and Happy Days)」もお楽しみに。次はメガネ姉妹の登場ですか。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト