深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/4/15 Friday

これが私の御主人様 #02

カテゴリー:  

これが私の御主人様、第2回目は「その壷、500万…」。ドタバタの中に結構いろんな要素絡めて来てますねぇ。でもこの時点ではまだ義貴の性格とか今ひとつ読みきれないんだよなあ。みつきが相当な策士だってのはまず間違いないけど。(゚∀゚)



前回もうここで暮らすしかないと覚悟を決めたいずみ。義貴の挑発にムカツキながらも“逆に利用してやる”と腹をくくります。みつきのリクエストもあってとりあえず風呂に入ることに。

まーそーなると義貴が当然ノゾキに入るのはお約束。でもカメラの位置が全部ズレてるよ。(ノ∀`)アチャー



おにゅーのコスは挑発度さらにUP! いずみは抗議するもののみつきはまんざらでもなさそうね。さてここで義貴が出してくるのが昨日壊した家具などの請求額〆て401,280円也。うひゃー。

てかいずみ、手当たり次第になんでも投げるクセはなんとかした方がいーぞー。でも最初に壊した信楽焼の狸が高けぇなー。でも狸以外はほとんどポチなんだよなぁ。手間のかかるペットだこと。



義貴のあまりの態度にポチをけしかけるいずみ。でも逆に自分が逃げ回るハメに。・・・いずみアホや。そんなの予想の範囲内だっちゅーの。

でもポチの習性を聞いたときの義貴の反応って、結構常識人っぽいんだよなぁ。完全に鬼畜系とまでは行かないこの中途半端っぷりがキモなのかもしれない。



ここでみつきの提案。義貴といずみで勝負してこの先を決めることに。勝負の内容はポチを捕まえることだけど、はてさて―。

こいつら学習能力ねーなー。前日と同じ展開ってどーよ。てか前日よりも遥かにダメージ大きいんじゃないのか?てかいずみとポチで投げ合ってるし。義貴じゃなくても怒るわな。



手がつけられないポチに自慢のエアガンコレクションを持ち出す義貴。でもポチが撃ち殺されると勘違いしたみつきにボコられることに。一方追い詰められたいずみは踊り場に飾られていた壺を手にして反撃を試みますが・・・。

うわー500万の壺がー!てかそんなのこんな場所に置いとくなよなー。でもみつきの反応は極端だなー。これも先への伏線なんでしょーね。



ところがここで足を踏み外したいずみはまさかの階段落ち。咄嗟に義貴が手を伸ばす!義貴が掴んだのは―

いずみの方でしたね。まあ常識的な判断なんですが、義貴が壺じゃなく自分を選んだことで驚くと共に、ちょっと心動かされるいずみがイイですねー。




目が覚めたいずみは義貴が自分の介抱をしてくれていたことにちょっと感動。ここで世話になることを告げますが、そんな自分を見る義貴の様子がちょっとヘン?

うわーピンクのスケスケネグリジェだー!こんなん短時間によく用意できるなー義貴すげー。

この「柄にもなく優しく接する義貴→いずみホロリ→下品なオチにいずみ激怒」ってのが本作のパターンみたいですね。でもこれまでの演出から見て、この、いずみがクラっとくる義貴の優しげな部分がワザと作られたもののようには見えませんから、義貴の性格の光と影の部分にいずみが振り回されるってのが本作の基本路線なのかな。原作もさわりしか読んでないので、このあたりはまだまだ掴めてませんが。



てなわけで、なんやかんやでいずみとみつきはこの家で働くことに。でもエライ額の借金やなー。給料3倍とか言ってたけど大丈夫なんか?そして義貴はまた新作コスの製作に・・・こんどは学生服?

さて、来週は学校に行くことになりそう。また無茶な展開になりそうだなー。OPに出てくるもう一人もそろそろ登場か?次回は「ロリコンで制服マニアで隠し撮りマニアのギャルゲーマニア」。なげータイトルやなあ。でもさすがに盗撮はまずかったか?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト