深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/4/14 Thursday

フタコイ オルタナティブ #02

カテゴリー:  

さて今回は「ノーネーム・デイ」。特別でないただの1日ってことですか。

前回とうって変わって今回は比較的まったりな進行。穏やかな日常の風景と共に、前シリーズからこれまでの流れを説明・・・に、なってねーヨ!前回に比べてハチャメチャな動きは減ってますけど、ドタバタの勢いで流すパターンは変わらないようで。

でもこの作りって妙に上手いなあ。今のところ単発エピソードの組み合わせで実質コレと言ったストーリーがないにも関わらず全然飽きがこないってのは只者じゃないヨ。まあ現時点でも後になってわかる伏線が着々と張られていってるのかも知れないけどね。



この三人の組み合わせってもうすっかり町に馴染んでんですなー。町の人々とのやり取りもいい感じですよ。でも沙羅も双樹も恋太郎にべったり。えーのぉ。



うははは!電話番ワロタ。かけてきた相手の名前と連絡先を確認するのは電話の基本ですからねー。そのあたりは沙羅のがしっかりしてるわけです。でもこの二人の相手するのも大変だなー。



まあ今は恋太郎べったりな二人も出会った当初は全然違ったわけで・・・。このあたりの性格付けは前作から引き継いでるんかな。でも前話のヤクザが桜月組って事はそこにもアノ双子がいるってことになるんだろうし、やっぱ話は全然別物なのか?

でも現時点では以前の二人がどのようにして今みたいになったのかには全然触れられてませんよね。これは後に語られるのかなー。まあともかく、初めて恋太郎のもとを訪れたときからこの双子、外見はそっくりなんだけど――



中身はやっぱ全然別物っすね。沙羅は沙羅で仕事のやり取りは出来ても料理とかはからっきし・・・てか、いったい何を作ったんだ?なんか火ぃ出てるけど。



双子に挟まれての日曜の午後。うつらうつらの恋太郎が見る夢は――

なんじゃーこのイカは!?なんか町を火の海にしてますよ。これって5年前にあった出来事ってことだよなあ。どんな町やねん!?
でもって、燃える町の片隅でイカに挑もうとする人影が・・・。




オヤジさんかっけー。探偵社の広告入りハンググライダーもワロタよ。これで空からイカを攻撃するってか?でもイカは飛び道具もってるぞ。

華麗に空を舞いイカの背後から急接近するも・・・やっぱり気付かれたー!



イカの攻撃をものともせず必殺技探偵キーック!なんじゃそりゃー!?
こうしてオヤジの活躍で町は救われ、そんなオヤジがまぶしい恋太郎・・・



でもって結局せっかくの日曜は昼寝で終わり。今日の収入はやっぱゼロ。あ?あ。でもまあなんだか楽しそうですなー。UFOが見えても見えなくても。ってかその後のシーンから思えば、あれはUFOではなくて・・・。



でも今回は沙羅と双樹に強烈になスポットあててましたねー。かわえーなー。どんないきさつにせよ、かわいい子に囲まれるってのはいーですなー。うらやましー。

う?ん、1話のように動かなくても、お話の雰囲気はいいですねー。緩急のつけ方もいい感じ。今回は予告編も付きましたし次回への引きもまずまず。これからの展開が期待できる作品です。

さて来週は新キャラ登場?次回「エメラルドマウンテン ハイ」をお楽しみに。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト