深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/4/7 Thursday

いちご100% #01

カテゴリー:  

いちご100%。まーありがちな学園モノなんですけど筋はなかなかいいですね。一部演出過剰な部分もありますが作品としての素性の良さを感じます。

てなわけでこれ見てから原作1巻分だけ読んだんですけど、かなり原作に忠実に作ってますねー。最近ではスクールランブルあたりがそうでしたがほとんど原作そのままって感じ。所々会話の主体が逆転してるところもありますが流れ的には全然問題ありません。でも効果音も含め演出はちょっと過剰気味。もう少し控えめの方が素材の良さがでるのでは?

コミックとアニメでは性質が違いますから、原作そのままと言ってもまんま同じに作るわけには行きませんよね。そのあたりがスタッフの腕の見せ所になりますが、現状ではスクランの方がまだ上かな?

いちごパンツ!?うわー美人!
ええ?降ってきたのはお前だろ?あれ?こんなに地味な子だったっけ?
絶対読まないでって・・・やっぱ同じ学年にそんなにたくさん美人はいないわな

んー、ツカミはOKって感じ?(゚∀゚)

でもこういう展開ってよく使われていて、その度に思うんだけど、髪型やメガネで全く別人に見えるってありえなくねー?
確かに印象とかは相当変わるけど、毎日顔つき合わせている相手が判らなくなるほどの変化はないよなー。今までの経験からしても「下地はいいのにもったいないなー」と思うことはあるけどそれほど地味に見える程ってのはないなあ。もっとも顔かたちの造形と人としての魅力とはまた別なんですがね。

でもホント最近能登声多いなぁ。

気持ちは嬉しいんだけど告白ならもっと人目に付かないところでやってくんない?あたし怖い顔はダメなの
お前もコクれ!そして砕け散れ!何やってんだオレ
ん?これは―こいつはなかなか・・・

いやー確かにこりゃつかさの言う通りでしょー。こんな公衆の面前で自分の名前を連呼されちゃー小っ恥ずかしくってタマランわな。でも小宮山、自分がフラれたからって真中にもコクれってのは発想がダメダメじゃん。思い入れが違うんだからたとえ結果が同じでも感じるものは全然違うし意味ねーだろ。まあ言われてその気になる真中も真中なんだけどね。そんなに好きというわけでもない女の子に“かわいいから”ってだけでコクる気になるんか?よくわからん。

まあ流石に家に帰って冷静になれば疑問も感じるよな。・・・とそこで思い出すのが東城のノート。見るなと言われれば逆に見たくなるのが人情と言うもの。何気なく手にしたそれには――。

すげーよ東城なーんかいい感じ
女ってどんなコクられ方するとグッとくんの?ええ?
つかさちゃん好きだー!付き合ってくれ!いいよ♪早速一緒に帰ろ♪

なーんか綾たん顔赤らめてますよ。後半の展開を見るにこのシーンで真中に惚れた?えー?
まあ自分の作品が誉められるのは悪い気はしないと思いますけど、ちょっと急すぎんじゃない?以前から真中が気になっていて・・・ってんならわかるんだけどね。でもその後のつかさへの告白話で綾たんがっかり。でもそのアドバイスっていったい何?

そいでもって真に受ける馬鹿が一人。そりゃーつかさもビックリよ。でもってすんなりOKが!西野つかさもやっぱヘンなヤツだー。原作では傍から覗いててこれにショック受ける綾たんが描かれてんだけど、実は綾たん、失敗を期待してあんなアドバイスしたんか?それはそれでちょっとなー。

じゃあ芯愛高校で決まりネ♪オレは泉坂高校でやりたいことが―
それって懸垂告白より面白い?一緒に頑張ろうぜ!

なーんかこのあたりは意外な感じ。その前のボケボケシーンからはちょっと繋がんないっすよ。こんなにマジに夢語られたら、くらっと揺れる女もいるかもね。こんなところでもなきゃ真中はただの変人だからなー。

頑張るしかないんだ!西野も泉坂に行ってくれるって―でも西野、なんでオレなんかと―
人の好みはそれぞれかも知れないけど、昨日あたし、本当に楽しかったよ―オレに勉強教えてくれよ!
あ!あいたたた―

でもっていちごパンツの正体が(視聴者には)明らかに。まあ途中からバレバレなんすけどねー。告白のシーンでの東城がカットされてたのは、正体バレを最後にもってくるためですね。
てなことで導入終わり。これから三人のびみょーな三角関係が始まるのですが・・・って、OP見る限りまだ2人いるなー。

とりあえずこれで新作3本目。エレメンタルジェレイドはどうしよーかなー。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト