深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/4/1 Friday

スターシップ・オペレーターズ #13(最終回)

うわー今回もまた予想を裏切られましたよ。ここんとこ常に予想の斜め上行く展開です。ってか最後の最後ですんげー投げっぷりだなあ。最後に脱出できたのはいいけどクルーの今後はどうなんの?あの状況じゃあ荻野サンに拾われて万事OKってな具合には行かないでしょーに。

前回の流れで政治がらみのリアル路線で行くのかと思ってたんですが、フタを開けてみればカナーリ乱暴な進行にビックリ。でもまあ元々リアルさを追求した作品ではないですからね。エンターテイメント作品としてはこういうのもアリでしょう。「ちょっと背伸びしてオトナの世界に首突っ込んでみました」って程度の“リアルっぽさ”が、スタッフがターゲットとしている客層にはちょうどイイんでしょうか。

ともあれこれで最終回。
第13話「モーメント・オブ・トゥルース」を振り返ってみましょう。

地球連合?どういうことなの?これで作戦終了ですな
地球連合艦隊から射撃レーダーの照射を受けています!なんだお前達は!?

前回の続き ― 突然現れた地球連合の艦隊にアマテラスは戸惑い気味。王国軍はアマテラスを引き渡す相手の到着で作戦終了となるはずでしたが、連合艦隊の照準がコンキスタドールに向けられていることがわかり立場が急変。同じ頃SSCは連合の部隊の急襲を受け放送は中止させられてしまいます。

地球連合、本性表すの早っ!そんなイキナリ放送局占拠するようなマネしたら、SSCはともかくほかの局が黙っちゃいないでしょうに。まあそれは置いといて、結局はアマテラスが片っ端から王国艦隊を撃破してしまったことから国家間のパワーバランスが大きく崩れ、それが地球連合の介入を招いたってことでしょうか。連合は古くから言われるところの“漁夫の利”を得ることとなったわけですね。

でもコンキスタドールはいい迷惑ですなあ。投降して王国軍に編入されても最後まで外様扱いで、やっと日の目をみることとなった矢先に今回の事態。こんなんじゃあ浮かばれませんわ。

主砲発射!コンキスタドールが攻撃を受けています!
できれば違った形で決着を付けたかった―コンキスタドール、撃沈!

目の前でコンキスタドールが焼かれて行く様を見せつけられるアマテラスもあまりいい気はしないですわな。なにせどういう経緯で目前の事態が起こっているのか皆目見当つかないわけですからね。そしてエルロイ提督からの通信が全てを物語るわけです―地球連合に、嵌められた、と。
まあ今更ジタバタしたところでどうなるものでもありませんが、エルロイ提督は最期まで冷静でしたね。

でもこの展開はやっぱムリがあるよなあ。既に戦力差10対1で勝負は決しているわけですから、イキナリ後ろから撃たなくても充分コンキスタドールを下すことは出来たでしょうに。それこそアマテラスに向けたのと同じく投降を勧告した方がずっとマシ。この世界では戦闘艦は貴重な資産だということなんですから、そんな簡単に壊しちゃうのは勿体無いでしょ。それに人員だって再利用できるはずですし。

これはどういうこと!?あなた利用されてるだけだってわかってるの!?
私が誰に利用されようと、お前が知ったことか―何!?

でもってこちらはもっとムリがありますねー。失脚したヘルマンなど連合にとっても邪魔なだけでしょうに。既に失脚して権力を失っているんですから。まして連合の軍人を連れて議長執務室に来ることそのものが不自然極まりないっしょ。王国の警備隊はどうしたんですか?てかその場で射殺するならわざわざイザベルさんを外に連れ出す意味がないですよ。それにいくらなんでもイキナリ射殺ってのは後で間違いなく問題になると思うんですけど。なんか安直な筋書きだなー。

アマテラス乗員は即時退艦し投降せよ!SSCは地球連合に占拠された
また連絡するディータさん、協力をお願いします

助けに来たのかと思いきや実は敵だったっつーわけですが、これもちょっとなんだか乱暴な展開。彼らの救出が御題目なのに殺してどーすんだか。

既に捏造番組でコンキスタドール撃破とアマテラス乗員の保護シーンを流してるわけですから、これ以降で乗員殺しちゃったら筋書きが狂っちゃいますよ。既にアマテラスのクルーは有名になり過ぎてますから、闇から闇に葬るのはそんなに簡単じゃないと思うんだけどなー。

全員いるわね?結城技術士官!退艦してください!
僕はここに残るよ。君たちこそ退艦したまえ。こっちは準備OKだ

やっぱここで死人が出ますか。本作は何かといえばキャスト殺しますからねー。ましてや今までの経緯から、この場面での結城技術士官の行動は予定調和の極み。でもあんまし予定調和すぎて感動とは程遠いのが残念ですな。そして鬼ディレクターも死亡予定リストにバッチリ掲載されてます。あとはどう漢らしく死ぬかだけ。

シャトル離脱!アマテラス発進!逆らう気か?撃て!!
アマテラスに命中SSCのディータ・ミルコフです。今アマテラスは地球連合艦隊からの攻撃を受けています。

シャトル離脱。と同時にアマテラス急速前進!連合艦隊の中心部へ向かいます。目論見どおり艦隊の攻撃を受けるアマテラスの画をバッチリ生中継。

ん?、モニターを見る限り連合艦隊はアマテラスを扇形に包むように配置してるわけですから、後方に離脱したシャトルが完全にアマテラスの陰に隠れるってのは難しいでしょう。てかTVですらムチャクチャ遠くまで観測できるカメラ持ってるわけですから、ウォッチ対象から飛び出した機影を確認できないなんてことは・・・。

まあ実際それを言ってしまっちゃあお話が進まないわけなんですがねー。どうなんしょね。

アマテラス自爆なんてことだ!
いい絵を見せてもらったぜピーター・・・

アマテラス自沈!と共に連合艦隊の半数近くを道連れに・・・って、えええええ?そりゃあいくらなんでもやりすぎなんじゃ?

ところ変わってSSC緊急スタジオ。目的を果たした男の最期の一服。そしてディータは砂の嵐の向こうに何を見る・・・?

みんな!迎えに来たわよ荻野サン!

荻野サン、いつ出てくるのかと思ったらこんなところで。でもこの人たち前途多難ですよ。これからどうするのやら。まあ連絡用のシャトルで敵対する戦闘艦がウヨウヨいる空域から脱出できたっつーだけですでにありえないわけですが、彼らを匿ってくれるところってあるんでしょうかねー。今回の件で地球連合からもテロリスト扱い受けるのは必至でしょうから。なんかちょっと後味悪い終わり方。

でもそんなことは考えずに、助かってラッキーだったねって解釈するのが本作の正しい見方なんでしょうね。
これ最期まで原作読まなかったなあ。原作はどう決着つけたんだろ。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト