深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/3/31 Thursday

まほらば #12

カテゴリー:  

ん?先週やっとドラマっぽくなったかなーと思ってたら、またユルユルに逆戻り。今回は海水浴で水着づくしのお話ですな。てかそれだけで丸々1話ですよ。やっぱこれが本来の姿?

あぢ?ギラギラ
あの?梢ちゃん、それ僕の―ボケボケの梢ちゃんも、らぶりぃ♪

誰よ?って思ったら桃さんでしたか。崩しすぎだろーこれ? 梢もどうボケたら他人(白鳥)の下着を洗濯することになるんだか・・・。
てゆーかそもそもどこから持ってきたんだ?なーんかネタにするにしても飛びすぎだろー。

海?さぁ遊ぶぞ?
下心ミエミエですぅ本当はあっちに塗りたいんでしょ?

てなわけで海へ。途中のなんちゃら岬の部分はほとんど本筋に関係なし。鳴滝荘の女性陣は一部を除いてムチムチですよ。
ここはサービスシーンなんだろうなあ。う?ん。今ひとつ萌えないのはなぜなんだろうなあ。

似合ってますぅあははは
ぐはっ!誰と話してるの?

梢、ボケすぎ。白鳥、乗せられすぎ。珠キチ、容赦なさ過ぎ。灰原、寂しすぎ。

ありがとうじ?
ど?も?気のせいよ?

なんか新キャラ登場してますよ。でも、何に絡むでもなく退場。このブツ切り加減が本作の特徴ですな。次回出てきたときには多分すっかり忘れ去られてるよ。よーよー言ってるお姉さんもどっかで出てたキャラだよなー。

となり、いいですか?帰りにあの岬によりましょう
楽しかったねそうですね

まあ予定調和なオチで。でもこのシーンをこの岬でやる必然性ってのが全然ないんだよなあ。てかホントはこのシーンをやるために前半で立ち寄ったはずなんだけどねー。なーんか取って付けたようなシーンになっちゃってますよ。こんなんでホントいいのかぁ?

コメント »

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

コメント投稿フォーム

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>

required

required


深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト