深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/3/25 Friday

ジンキ・エクステンド #12(最終回)

カテゴリー:  

あまりの展開に何かもうアタマ痛くなってきちゃいましたヨ。まあ途中からの流れで最後も超展開になるのは予想の範囲だったんですけどねー。to be extended…? オイラは(゚?゚)イラネ。

でもストーリーの中途半端な描写にモヤモヤして原作全部揃えちゃったのは紛れもない事実なんだよなー。これって釣られちゃったのかなー。てことはこーいう作品がそれなりに販促効果を持ってるってことなんだよなー。なんか複雑っすよ。もっとも「良カッタァ♪」って後味じゃないことは間違いないんで、ずっと続く営業手法じゃないと思うなー。てかそう信じたい。

みなさん勢ぞろいですよ呼んでる・・・
全機出撃!全然歯がたたねー

なんだかナナツーライトとマイルドもいるぞ。いつの間に調達したんだ?てか青葉たちが人機持ってきて乗り込むまで出現してからずーっとジッとしてるキリビトってどうよ?
「青葉を待ってる」って、両兵やミナミに語らせればすむ話なのかぁ?

まー雑魚どもが出撃しても全く歯が立たないってのは今までの流れから当然なんだけど、もちょっと何かキリビトへの対策があってもいーんじゃないの?出てきていきなりヤラレっぱなしってんじゃあどこを面白がればいいんだか。

うひゃひゃひゃひゃ足止めもできねー
両兵!みんな!もう消すしかない!あの娘を、この世から!

一話冒頭のヤツですね。でも戦闘経緯が一話のと全然違うんですが。ここは最初のシーンと揃えるのが普通だと思うんですけどね。ここをわざわざ描き直すくらいなら他の部分に力入れて欲しいですよ。

もっとも今回の戦闘シーンは今までの紙芝居よりは少しはマシになってましたけど、既に作画以前の段階でグダグダになってますからねー。素材そのものが不味ければ多少手を入れたくらいではどうにも・・・。それに、せっかく新機種まで投入してるのに単なるヤラレにするのは勿体無いっしょ。キャラクター商品を展開するために出さざるを得なかったにしても、もっと使い方を考えないとマズイんじゃないかな。

でも八将陣でさえ単なる捨てキャラにされてましたからねー。今に始まったことじゃないんですよね。

秘密兵器始動!変身!
うりゃーー喰らえ!
コクピット突き刺し!!刺さったー!

なんですかコレは・・・。光ってるし色まで変わってるし赤緒の無敵防御フィールドもあっさりぶち破ってるし。そんなん出来るくらいなら最初から使えって。てか今までずっと内緒だったって、そんなの不思議すぎるでしょ?

だいたい操主は命がけで戦ってたんじゃないの?もちろん青葉も含めて。使える機能を知らなくて使えなかったばっかりに負傷したり死んだりしたら元も子もないっしょ?

ダメあなた誰?
もう遅いよヤッチマイナ!
静花さん!?ごめんね、青葉

精神世界キタ━━(((( ;゚Д゚)))━━ !!!!!
もうこうなるとなんでもアリですよ。以前も書いたと思うけどストーリーの組み立てがメッチャいい加減過ぎるんですよね。精神世界の影響でキャラの能力に変化が生じるってのもそうだけど、青葉の超感覚とか赤緒の無敵パワーとか、そんなん前面に出したらワクワク感もへったくれもないっしょ。

この精神世界の描写にしても既に赤緒の無敵フィールドをぶち破った後じゃあねー。いったいどんな効果を狙ってんだか不思議すぎ。結果から言えば単に赤緒を殺させないためとしか取れません。でも赤緒を殺したら青葉も悪魔になるって言われても、そもそも赤緒がこんな状態になったのだって、納得のいく理由付けが全然無いですしね。単にキャラに語らせてハイお仕舞いじゃあ手ぇ抜き過ぎでしょう。

コクピット内壁に到達!どかーん!
あれは!?初めまして、津崎青葉で?す

でもってコクピット潰しといて、しかも地球規模で血塊炉爆発させる描写しといて、二人とも全然無傷ってのは何なんでしょうね。てかあの青葉の自己紹介とその後の二人のさわやかな立ち姿って・・・街が壊滅してんですヨ!?

この作品、最初はすっごく期待したんですけど途中からの崩れっぷりがあまりに凄くて参りましたヨ。降参です。せっかく深夜時間帯に放映するんですからそれなりの作りこみを期待したんですけどね。

日曜の朝とかに放映する完全お子様向け作品であればここまでぐちぐち文句は言わないんですよ。でもコレは深夜アニメですから、規制はあったとしてもお子様向けじゃないの確かでしょう。なんか「おまいらヲタどもは萌えキャラとロボ出しときゃ満足なんだろ?」てなメッセージがあまりにあからさま過ぎて萎え萎えですヨ。ガンダムネタ引っ張ってきたOPにしても最初は好意的に評価してたんですが、今となっては単に「ヲタが喜びそうなネタだからぶち込んどけ」程度の考えだったんじゃないかとしか思えません。

でもね、最初にも書いたけどこれが原作の販促にとってそれなりに機能していたのは間違いないと思うんですよ。実際おいらも原作出てる分全巻買っちゃってますし。そうやって狙い通りに釣られる客がいる限り、こんな作りの作品もなくならないんでしょうね。なんか複雑な心境です。こんなあからさまな釣り商法は長くは続かないと信じたいんですけど・・・どうなんでしょうね。

1件のコメント »

  1. 「最後の数秒刮目せよ」(アニメ評:JINKI extend)
    JINKI extend 全12話テレビ朝日 3月23日終了 全12話。これが仇となり、冒頭は丁寧に作り込まれたパイロットフィルム、後半は壮大な予告編となった作品。 2つの時代の、2つの物語を「…

    Trackback by 駄目オタ徒然草 - 2005/3/26 Saturday @ 14:05

このコメントの RSS

コメント投稿フォーム

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>

required

required


深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト