深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/3/24 Thursday

スターシップ・オペレーターズ #12

う?ん、ちょっとこの展開は予想できなかったナァ。ここ数回予想を裏切られっぱなしですよ。でも今回も悪い方向じゃないです。いわゆる正統派SFアクション物の王道からはかなりズレてますんでこの展開に不満な人もいるでしょうけど、おいら的にはじゅうぶん納得できる流れですね。
でもエンターテイメント作品としてはちょっとキビシイかもなあ。新天地を切り開けるのか?

観測システム、未だ復帰しません船体も穴だらけ
この状況で、どう戦う?アマテラスはまだ見つからないのか?

前回は描写不足でそれ程感じなかったアマテラスのダメージですが、やはり相当なもんですね。てかもうボロボロ。

某掲示板では「なぜエルロイがアマテラスに戦闘力が残ってないと判断できたのか?」とかいう疑問も出てたんですが、船体破壊を招きかねない無茶な機動をしてるわけですから客観的な判断としてアマテラスが無傷で済んでるはずがありません。しかもコンキスタドールへの攻撃は主砲の一撃だけで後が続かないわけですからエルロイ提督の判断は妥当でしょう。

もっともコンキスタドールも観測系にダメージを受けてるわけで、お互い手探りで相手の状況を把握しなければならない点についてはかわりないわけです。それでもコンキスタドールの圧倒的優位は確定してるわけなんですが。

アマテラスのおおまかな位置、わかりましたレーザーキャノン発射!アマテラスを休ませるな
右舷に着弾!直撃ではありません。相手にもこちらは見えてないのかも・・・

コンキスタドールからの砲撃は既にアマテラスに反撃能力がないことを見越してのものですね。そうでなければその後の展開のように自艦の位置を晒してしまうようなものですから。

もっともアマテラスの観測系が機能しなくなっている事はコンキスタドール側は知らないわけですけどね。とにかく弾数に限りが無ければおおまかな位置に弾をばら撒けばそのうち当たるわけです。

今の攻撃からコンキスタドールの位置を測定します位置でました
こちらの位置が知られないうちにリボルバーの射程まで近づければなんとか―他に選択肢はないな。全速前進!

そして射線からコンキスタドールの位置を特定。もうリボルバーの射程距離まで肉薄するしか道はありません。確かにほとんど丸腰で敵艦に接近するってのはいい気はしないよなあ。今は見えてないと言っても、接近すれば接近しただけ発見されやすくなるわけですし。でも事ここに至ってそんなこと言ってる場合じゃないですからね。覚悟を決めてGo!

地球連合と事を構える気はありませんよ。もう先は決まってるのに無駄なことを―
まだ現役でいけるんじゃないか?手続きは順調です

こちらではこちらで駆け引きが・・・。でもイザベルの電話のやり取りは多分にミスリーディングですね。まあ実際どういう話だったのかはこの後すぐに明かされるわけですが。そして間宮のオヤジさんも。この2人だけ別次元で動いてるわけですな。全ては茶番。

そして荻野補給長。この人の出番もまだあるんですね。来週最終回だけどどう絡んでくるのやら。

射程に捕らえた!リボルバー発射3連!1発命中!でも・・・
外した!ここまで、か―

リボルバー3連射も結局効かず、かえって自艦の位置を特定されることに・・・もう絶体絶命!!

まあ普通の宇宙戦闘モノだとこれが外れるなんて事はないんですけどねー。この時点で本作の着地点がふつーの作品とは全く異なることが明白になったわけで。

あーエルロイ提督?アマテラスは沈めないで捕まえて頂戴なんですと!?
迎えの艦隊がそちらに向かってるから引き渡してねこちらは王国艦コンキスタドール。アマテラスに降伏を勧告する。

政治決着キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!! 先のイザベルさんの電話でのやり取りはこういうことだったわけですな。既に地球連合艦隊がアマテラスの救援(にかこつけて王国領への派兵)を実施していることを察知して、アマテラスを引き渡すことをダシに手打ちに持っていこうという胆ですよ。

もちろんこの艦隊派遣は間宮のオヤジの腹芸の成果なんですが・・・アマテラス乗員の大半は納得できないよなあ。特にタカイやアレイあたり。
視聴者の反応もどうかなー。この展開をすんなり受け入れられる客層はかなり薄いんじゃない?まーリアルっぽいと言えばリアルっぽい落ちなんだけどね。

この状況じゃ降伏するしかないな。何言ってんだヨ!
でも何で急に?状況が変わったんじゃない?何コレ?
戦艦10隻が接近中連合艦隊やっとキタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!

まあ結城技術士官の狙いはまさにコレだったわけで。キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!となるのも当然だわな。でもこのまますんなり終わると1話分は埋まりませんから、まだ一波乱起きる余地はじゅうぶんありますね。

さて来週は本作も最終回。どういう落とし方で〆るんでしょうか。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト