深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/3/20 Sunday

サムライチャンプルー #26(最終回)

カテゴリー:  

うわーこいつら不死身だ・・・。先週の強烈な引きのままなだれ込んだ最終回。最後までハイテンションのまま駆け抜けましたねー。

霞・・・清三さんですか?せっかく会えたのに、これじゃなんにも出来ないじゃない!
清蔵さんはアンタ達の事を片時も忘れてはいなかったんだよ何者だ!?
ちょっと待って!そんな・・・

せっかく見つけたものの父親はもう虫の息。なんかせつないっすねー。まあ死に目に会えただけでもラッキーだったのかも知れませんが、安易にハッピーエンドにはしてくれません。
それに追い討ちをかけるように刈屋景時が・・・。もう神も仏もない展開っすよ。

これが切り札だ!近づけない!
おわーこんにゃろ!
ん?うわーー

ムゲンそんなところに刀を隠し持っていたとは・・・。起死回生のチャンスを逃がしませんよ。でも馬之介も強すぎ。でっかい柱も鎖鎌で一薙ぎとはね。ただ強力な武器はいったん制御を外れると自分の身に危険を及ぼすわけで。
まあ出来すぎといえば出来すぎなんですが、殺陣の躍動感は本作の特徴の一つでしたね。

追って・・・来るあれは・・・
ジン!?生きていたのか

霞清蔵を斬った刈屋はそのままフウを追い詰めます。絶体絶命のフウでしたが刈屋の背後からやってきた影は・・・。

あの状態からどうやって島に渡ったんだジン?まーそれを問うのは野暮というもの。ボロボロになりながらも刈屋に立ち向かうジンの秘策とは――?

どうしても勝てない相手と勝負するには――さあさあっ
むぐぐっ・・・貴様わざと斬られたと言うのか・・・!?

師匠の授けた秘策ってムチャクチャやなあ。刀突き抜けてますよ。痛いって。身体ごと相手の刃を押さえ込んでその隙に小刀で刺すとはね。思いっきし相打ち覚悟の戦法です。マジ損な役回り。

イテ!お前か!?こんにゃろ
何?どかーん

馬之介を倒したのも束の間、三兄弟の最後の生き残りに銃撃されるムゲン。最後の力を振り絞って近付くムゲンが見たのは――。

自爆攻撃かよ!!まーわからんではないけど、ちょっとなあ。ムゲンにしてもジンにしても思いっきし致命傷っぽいんですけど――

ムゲン・・・生きてた!最後の勝負だ
行くぞ!折れたー

なんか助かってるし!?こいつら不死身だよ。そして最後の勝負は・・・お互いの刀が折れて引き分けっすか・・・。

タネを明かせばフウのインチキから始まった旅でしたが、なんだか三者三様にそれぞれ得るものがあったようで。最後の別れはあっさりでしたが、後味もすっきり。本格時代劇ではないけど時代物の面白さのエッセンスは盛りだくさん。途中中断もありましたが半年間本当に楽しめたお気に入りの1作です。

毎週楽しみにしていた作品の終わりはちょっと寂しいですが、それよりも面白い作品を届けてくれたスタッフとスポンサーに感謝。さて、4月からは何が始まるのかなー。

2件のコメント »

  1. コメントしちゃいます。私もこの作品は大好きなお気に入りの1つです!

    特に最終話に近づいて(最後から3話ぐらい)は期待以上の面白さで感動しました!!最後のしめも言うことなしの格好良さでv言うことなし!のクライマックスでした!いろんな人に見て欲しいな?ってとっても思いますvV

    Comment by 苺 - 2007/3/3 Saturday @ 22:37

  2. 今更ながらコメントさせていただきます。
    学生の頃に視聴していたのですが、先日再度視聴しました。
    やはり良い作品ですね。現代のアニメブームの中でもトップクラスです。
    良い作品は時代に流されないのかもしれませんね。

    Comment by 今は昔 - 2013/8/9 Friday @ 20:01

このコメントの RSS

コメント投稿フォーム

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>

required

required


深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト