深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/3/14 Monday

まほらば #10

カテゴリー:  

本日のお題は「スケッチ」。梢ちゃんとの過去を思い出すお話です。

課題、忘れないようにしてくださいね一緒にやろうぜ――お前の家で!

銀先生から人物デッサンの課題が出され、白鳥の家にみんな集まることに。まー狙いはミエミエなんですが。でもさーここまで出てくる脇役に名前が無いってどーよ?
エンディングクレジットの友人ABCってのには流石にアタマ抱えたよー。

美人のお姉さん、お名前は?こちらのお姉さんも美人!ぜひねんごろに・・・
結局誰でもいいのね・・・。失礼しましたー

鳴滝荘の女性陣をいきなり口説きにかかる友人A。この人の節操の無さはある意味すがすがしいっすよ。毎回突っ込みいれるのもまた同じ・・・ってか名無しだと書き難いったらありゃしない。

まあ気にしないでエッチな本とか無いねぇ。つまんない。
きゃーカワイイツルペタには興味ないっす

恵・沙夜子のコンビが部屋にいるってのはまーお約束。でもいきなり家探しし始める友人BCもなんだかね。でもこのシーンの朝美ってどこ見てるん?
ツルペタは興味ないってそんな自身満々に・・・まあある意味健全だが違う意見も多々ありそうだなー。

あは?んうふ?ん
YES!!やめんか!

恵・沙夜子のセクシィポーーズ! まあこれにソソラレルかどうかは人しだいだろうけど、友人Aにはごっつ効いたみたいやね。てかコイツは胸さえあればええのんか?

本命登場?うっひゃあ
また無視ですかー!?よろしくおねがいします

本命登場!ってことで梢ちゃんに萌える友人A。でも珠実が見逃すはずがありませんわなー。まあ白鳥とのペアは鳴滝荘では公認みたいなものなんか。

これでいいですか?このシーンは確か――
――あの時の。思い出した!
ステキですきっと絵本作家になってくださいね

描き進めるうちによみがえる過去の思い出。梢の、おそらくは両親の葬儀のときに来てたのね。その時の思い出をずっと胸にしまってたのか梢ちゃん。んー今ひとつ実感として掴めないけど大事に思ってたのねー。でもそれを思い出したからって白鳥には目立った変化はないんだよなー。まあそれが本作の特徴といえば特徴なんだけどねー。

今回恵に届いたエアメール。次回はそのあたりが中心のエピソードになりそうですな。

UG☆アルティメットガール #10

白絹暴走!マコト引き止めたさに自分がUGだということをバラしてしまいます。さあこれからの展開は!?

おお?っとゴメン!(さあ早く行くのよ)コレ、受け取ってください!
ありがとう!アメリカに行っても大切にするよアメリカ?―うん、アメリカ。

クリスマスパーティーっすか。ホント最近のアニメは季節感無視ですなあ。まあメインはDVDだから放映時期にムリにあわせる必要ないっすもんね。

白絹はマコトに新しいジャケットをプレゼント。背中を押すヴィヴィがイイっすよ。でもマコトからは衝撃の告白が!「報道の勉強をしにアメリカに渡る!?」白絹大ショック!!

ヴィヴィにとってはラッキーだったんじゃないっすかぁ?アメリカって・・・遠いね
白絹・・・パンツ見えてるぞさあ、行くわよ!

落ち込む白絹を元気付けようとヴィヴィとつぼみは街へ連れ出します・・・でも、向かう先はコミッケ会場?大丈夫か?ヴィヴィはCCさくらの知世のポジションかー。つぼみにからかわれて照れるヴィヴィ萌え。

UFOマン、パーティー会場から食い物盗んできたのかヨ。やるなあ。でもそんなUFOマンもパンツ丸出しの白絹にはドッキリ?

のわぁーー野郎の尻ーをを?ねえちゃん・・・
え?マコト・・・さん?

満員電車でついた先はコミッケ会場・・・動員数は3日間で100万人!ってコミケの倍の規模かヨ。でも白絹にとってはチラッと目に入ったマコトの姿が気になって・・・。

貧乳萌え?無修正?な?んか投げやりですね。―だって寒いもん。
ホントに出なきゃダメ?寒いときはコレで―はい・・・え?

そんなところにお約束の怪獣出現。岡村さん今回やる気ねー。怪獣の命名も投げやりすぎ。白絹も寒空に真っ裸で変身はつれーなー。UFOマン「さあ寒いときはコレで」って何だヨ!?どうしろと!?

白絹、なんか腹具合が・・・?ええ?早すぎるよ?!!
ええ?い!さあ早くコアを!

盗み食いの罰が当たって腹下すUFOマン。あっという間に時間切れ。でも今回の白絹はパッツンパッツンだなー。白肌がハジケてるぞ。とっとと片付けようといきなり股間に手を伸ばすUG貧乳に周囲も大興奮!

きゃーーどうだ!
おおっ!これは!いやーーー!!

怪獣の反撃だー。なんか白絹のおっぱいが揺れまくってるぞ!加えて前面のエロ同人誌を開いてのセクハラ攻撃!放映不可の内容にやる気かなった岡村さんもエキサイト!繭ねーちゃんも呆れるわな。あまりのエロさに白絹のMOEパワーも大爆発!

でも流石に同人誌の中身はぼかしてたなあ・・・まあ大体はわかるんだけどね。

はぁ・・・やっと終わった白絹く?ん!
アメリカに行って勉強して、UGの正体を掴むんだ!私がUGなんです!!

戦い終わってため息の白絹はマコトと出会います。マコトの渡米はUGの正体を知るためだと思い込んだ白絹は自分がUGだということを告白します。白絹の告白を受けてマコトは――――

むー、ホントにそれでいいのかー?そんなんでマコトの渡米を阻止できるのか?マコトは白絹の告白をどう受け止める?クライマックスに向けて急展開のUGもあとわずか。次回、第十一話「変態」を・・・って、変態?ヘンタイ?なんじゃそりゃー!?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト