深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/3/13 Sunday

サムライチャンプルー #25

カテゴリー:  

前回から続き生死流転(其之弐)
ジンは斬られ、ムゲンも絶体絶命。そしてフウは教えられた小屋までたどり着いたものの・・・そこで次回かよ――すんげえ引きだなあ。本作は次回予告も無いからなおさら。

全然ダメだー真理屋円四郎を斬った腕、見せてもらうぞ――
きゃーいやーーー

ムゲン全然歯が立たず・・・ってか沙羅の時点でそうだったんだから更に上の刈屋に敵うはずもないか。技というよりも超感覚と反射神経だけで今まで切り抜けて来たのか。でも本物の達人の前では児戯同然な扱い。刈屋の本当の目的はジンと刀を交えること?

島の方ではフウが捕まってしまいます。ムゲンを誘い出すための人質として。

斬りあうジンと刈屋ムゲン、全く歯が立たず
島の教会へ来るんだ――女がバラバラにされる前にな行け!

流石に刈屋は強さが違いますねぇ。二人がかりでも全然ダメっすよ。そこにフウを捕らえたことを伝えに来た伝鬼坊。ジンはムゲンを向かわせますが・・・。

ジンはフウの心がムゲンに傾いていると察してるようです。でもそこまで完璧にムゲンの方をむいているわけじゃないと思いますがねー。そしてなんだか刈屋とジンは因縁浅からぬ模様。

邪魔だてする弟子は斬れ何者!?
また腕を上げたな(敵がいなくて)ずいぶん長く退屈していたところだ

ジンに師匠を斬らせたのは刈屋の差し金でしたか・・・。師を斬った経緯や実際に本人が斬ったのかどうかさえも今まではボカしてましたが、寝込みを襲われたため師とは知らず斬ったというのが事実だったわけですな。
それを知ったからにはジンも退けぬところですが・・・。

この狭さじゃあ琉球仕込みの剣術も形無しだな勝った
勝負はこの一手で決まる!斬られた―

船上でムゲンを襲う伝鬼坊。狭い船上で苦戦するもののムゲンはこれを撃退。ジンは・・・あっさり斬られたーーー!?
生死は定かでないものの相当な深手を負ったことは確か。この先どうなる?

お前ら何者だ?ふざけんな!忘れたとは言わせねぇ
お前らに船をヤラレたせいで俺たちは――そんな――ダメだよ

三人は骸が襲った船の責任者でしたか・・・。順風満帆に出世街道を駆け上がってきた兄が片輪にされた上兄弟共々放逐されたとあっては仇討ちに走ってもムリはないわな。
ムゲンは刀を捨ててフウを開放するものの、馬之介にいたぶられる事に――。

何のためにここまで来たと思ってるんだ!早く行け!ムゲン・・・
小屋だ中にいるのかな・・・

そしてムゲンに叱咤されて小屋に向かうフウは・・・ここで来週へ続くのかよ!?

今回は丁寧に今までの伏線を回収してきましたが、最後はぶった切りで強烈な引きですよ。次週は最終回。フウは父親に会うことが出来るのか?そしてムゲンとジンはいったいどうなる?

コメント »

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

コメント投稿フォーム

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>

required

required


深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト