深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/3/2 Wednesday

巌窟王 #20

カテゴリー:  

素晴らしい!! ストーリー展開にしても演出にしても文句の付けようのない出来栄えですよ。やっぱり巌窟王はぶっちぎりで飛び抜けてますなー。今回でペッポは退場ですね。キャラを上手く活かした、いい引き様でした。そして物語は終局へと向かいます。

さて、それでは本幕「さよなら、ユージェニー」を振り返ってみましょう。今回はいつにもましてキャプ多目。どこを切るか迷う迷う。

結婚式を明日やるって――何してるんだい?
準備は、いいな?恥辱と、絶望・・・それこそがプレゼントさ

う?ん、ゴージャス。アルベールの仲間内では何気にルノーが一番格上なんだよなあ。挙式予定が繰り上げになったことについても冷静に評価してますよルノー君。影薄かったけど実は一番頼りになるヤツだったりして。

知らせを聞いて矢も盾もたまらずダングラール家に駆けつけるアルベール。でもカバ公に見咎められます。・・・ってかカバ公、いつも家の周りをウロウロしてるのか?ユージェニーの逃走はある程度予見できたとしても、アルベールがいつやって来るかなんてのはなかなか予見は難しいと思うけどなあ。

伯爵は伯爵で策を練っている模様。そしてカバ公、薔薇風呂がこんなに似合う男キャラって・・・。台詞の一つ一つに屈折した心情が滲み出てますよ。芝居がこんでるなあ。

素晴らしいじゃないか!せっかくの招待状なのに―
ダングラールもひ必死だな来るさ。アルベールなら。

とにかく早々に縁談をまとめる事しか頭にないダングラール。そしてこの場をそのままには済まさないであろうアルベールを見守る仲間たち。音楽院からの招待状を物憂げに見つめるユージェニー。嵐を予感させますね。

ペッポ!?あなたの力になりたいの!
あなたが愛する人を救いたいように――――私も愛する人の力になりたい・・・
ユージェニー、どうしたんだ?さあ、行くぞ

ペッポキタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!
やはり最後の見せ場がありましたか!あのまま退場だとやっぱ寂しいですからねー。そしてアルベールへの告白キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!
伯爵は“男”とか言ってたけど(原作でもそうだけど)ホントにそうなのかー?なんか本作では一貫して娘描写なんすけど!!表情だってエロカワイイっすよ?

そうこうしている間にも式のほうは進行しているわけで――

互いの財産を共有することに同意しますか?サインするんだ!ユージェニー!
何事だ!ヘンな人キタ―!
アルベール!?インクが!

う?ん。この世界での貴族の結婚ってホントに財産しかないのな。結婚の誓いにお互いの愛情とかそ?いうのが全然一言も入ってないのがかえってすがすがしいですよ。すげー。

もちろんダングラールにとってはカバ公の財産しか頭にないわけで、ユージェニーがサインを迷っているのを見たら気が気じゃないわな。ドプレーやボーシャンにも馬鹿にされてるし。そこで停電!てかメイドの中になんかヘンな人がいるし!?

こんなのヤメヤメ今だ!この隙に逃げるぞ!
おおーっと!スクープいただき♪
カバルカンティ、お前を逮捕する!ニセ貴族!?

颯爽とペッポ登場、インクが落ちた誓約書をビリビリと破り捨てます。そしてその隙にアルベールメイドが・・・っていくらなんでもムリだろ、これ。絶対気付かれるって!てかまあ壁に並んでる時点で気付かれない方がおかしいだろ。もう並んでるの見た時点で大爆笑。

空港にて・・・キスキタ――!
どこにいても、あなたを想うわもう一度、あの人に会わなきゃ

ユージェニーはニューヨークの音楽院に入るため旅立つことに。奨学金出るんだろうか。まあそのあたりを突っ込むのは野暮ってもの。素直に門出を祝いましょう。
なんかもう二人とも素直になっちゃってラブラブですよ。恋人同士でもなんでもなかった原作よりも全然イイ展開ですわ。エンターテイメント作品としてはこっちの方が王道でしょう。フランツの手紙の件もきちんと収めてますし。

そしてアルベールは再び伯爵と会うことを決意します。
そして伯爵は復讐の総まとめに――。
次回、第二十一幕「貴公子の正体」を待て!しかして、希望せよ!

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト