深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/2/10 Thursday

ジンキ・エクステンド #6

カテゴリー:  

なんだか原作をメチャメチャ改変してきたなー。でも今回はかなり低調。見せ場の戦闘シーンも動きがなくて(+д+)マズー。
今までが良かった分落差が激しいぞ。 :-( SSOもそうだったけど、今日はなんだか低調だなー。

おかえりなさい今、おいしいもの作ってあげるから――
完璧に覚えて、一番の操主になるから!アタシも楽しみにしてるわ――(アクビ)
やわらかそー。いやいや、ガマンだ。

戦闘要員の純粋培養キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!! でも静花さんの応対あんまりや(ノД`)・゚・

一所懸命やればきっと報われると信じて頑張る広世にあくびしながら寝ながら対応って。「おいしいもの作ってあげる」で出てきたのがレンジでチンのカレーとは・・・。まあ所詮静花さんにとって広世は青葉への噛ませ犬に過ぎないんだろうけど、あんまし手抜きすると育つものも育たないんじゃ――?

もっともこれは広世の性格がどのように形成されたかを示すシーンなので、それなりに意味はあるんだけど・・・。

モリビトピンチ!やばー!?
人間が操るジンキが相手とは・・・大丈夫か?青葉ちゃん。ちょっと付き合ってくれない?
戦う気のない人に、謝ってもらう理由なんてない寝ちゃった――の?

本来なら自分が出るべき場面で逃げたことでボロボロにやられたモリビト(両兵+ルイ)に責任を感じて凹む青葉。まああの状態の青葉が出たところで結果に大差があったとは思えないんだけど・・・やはり他人事には感じられないわな。

ただその感情を吸収して前に進むのが青葉のキャラなわけで――。エクステンドパートの赤緒とのコントラストが強調されるわけですね。

乗るの?――乗る。コクピットを傷つけないように戦ってるのか!?
アンタは何のために戦ってるの?青葉切れた――

自分なりに気持ちの整理をつけた青葉は今度は出撃。性能で上回る広世のトウジャCXを抑えます。コクピットを傷つけないように戦う青葉に反撃をかける広世ですが――。

むー、この戦闘シーンはちょっといただけませんねぇ。今まで良く動いていた分だけ作画枚数不足が目に付きます。動きの良さではモリビトを凌駕するはずのトウジャがただじっと撃たれてるだけってのはいくらなんでも酷すぎる。
撃ってるモリビトも止め画だし。反撃に移ってからものろのろ歩いて近付くってのはどうよ?何発撃たれても平気なら緊張感もへったくれもないんですけど。

俺、オレ・・・。――いいよ、広世。良かった――。やっぱり広世は、私の思ってた広世だった・・・
広世!?とんだ茶番ね――。反吐が出るわ。

うはーー。なんかどっかで見たようなベタベタな展開。青葉よー、おまいは琉朱菜かナウシカか? そりゃー静花さんもブチ切れるってなもんよ。

いくら広世が愛情に飢えてるからって、抱擁で戦闘が止められるなら軍隊はいらねーっつーの。まあその後の展開もMS08小隊とかと似たよーなもんなわけだが。
ここは妙に原作いじらずそのままだった方がまだマシな気がするナァ。

いいのか悪いのかは判らないけど、私達が戦わないと他のみんなが大変なことになるから――私の中で、何かが絶対にダメだって止めるの――。ゴメンね
やられるーだめだー
嫌なことをムリにすることないから――どうしたらいいの?

エクステンドパート。
既に全体の半分過ぎた訳ですがまだ嫌々をしている赤緒サン。ミナミ達もそうだと思うけど、見ている方もイライラが限界に近付いとりますよ。てかこの状態でどうお話を展開させるんだか。原作のエクステンドとは全くの別物になるのは確定なんだけど。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト