深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/1/26 Wednesday

巌窟王 #15

カテゴリー:  

裏切り者達の幸せな時間は終わり、真実が顔を覗かせます。伯爵の復讐のヴェールが剥がされる時が来ました!

いやー、今季最高!目が離せません。ここまでじっくり仕込んできた伯爵の罠が犠牲者に一気に襲い掛かります!

急に呼び出したりして、ごめんなさいフランツ、私―
わかってる。君だって被害者だ。いいか、この先なにが起ころうとも、自分を見失うなみんな、いなくなっちゃった・・・

父親による突然の婚約解消以来ずっとアルベールを探しつづけていたユージェニーは最後の頼みの綱だったフランツに会うことが出来ましたが、残念ながらフランツもアルベールの行き先は知りません。フランツは「決して自分自身を見失うな」との言葉をユージェニーに残し、伯爵の秘密を探るため旅立ちます。行き先はノワルティエの居るマルセイユ。前回内務省のデータベースでも調べることが出来なかった“巌窟王”についての情報を得るのが目的です。

原作ではたいして存在感の無いフランツですが、本作では一人伯爵の陰謀を暴こうと立ち回ります。アホベールもフランツの半分くらい賢ければ手玉に取られることも無かったんでしょうけどね。――でもそれじゃあお話にならないか。

マルセイユに着いたフランツはマクシミリアンの隠れ家を訪れる教えてください、ノワルティエさん。巌窟王とはなんなのか。
これで記憶にアクセスできる?発動した!?

マルセイユにあるマクシミリアンの隠れ家に到着したフランツは、身を寄せているノワルティエに巌窟王についての情報を求めます。彼のメモリーにアクセスするペン型デバイスを受け取ったフランツは、国家機密のヴェールに阻まれた巌窟王の秘密に迫ります。

いきなりすっぽ抜けたノワルティエ老人の左腕ワロタ。ペンの自動書記とか凝り過ぎ(笑) でもこの作品ってホント演出が無茶苦茶派手だわね。

ここから見ると、自分の悩みなんかホンの些細なことのように思えますね古い友人にマルセイユ出身の船乗りが居ましてね―
彼の美しい婚約者を愛してしまった彼の親友は、こともあろうに彼に無実の罪をなすりつけたのです人の心など信じられない、そう思うことが一番悲しいことに思えて―
伯爵!僕らの友情だけは、例外であると信じましょう!パリから連絡が入ってます―

ユージェニーとの婚約が破談しフランツとの友情すら信じられなくなってしまったアルベールは、伯爵と共に深宇宙の旅に出ていました。彼の打ちのめされた心も伯爵と共に旅することでいくらか癒されるのでした。伯爵はアルベールに、マルセイユ出身の船乗りが、親友に裏切られ無実の罪で投獄された話を聞かせます。奇跡的にマルセイユに生還した彼を待つものはなく、かつての婚約者は件の友人と結婚することになっていたと。
人の心のうつろいについて語る伯爵に、アルベールは自分達の友情だけは例外だと信じたいと訴えるのですが―――。

なぜ急に旅に連れ出されたのか、全く気が回らないアホベールは今回もアホ丸出し。

モルセール将軍万歳!エデ、登場
遅ればせながら応援に参りました演台に立つエデ

ちょうどその頃パリの議事堂では、アルベールの父フェルナン・モルセール将軍の大統領選出馬演説会が行われていました。その会場にエデが現れ将軍の応援演説をしたいと申し出ます。そして壇上にのぼったエデは、今までずっとモルセール将軍にお会いする機会を待っていたというのです。

10年前、ジャニナノの地でお会いしていますこれは出馬を妨害する陰謀だ!
証拠をお見せしましょう全てはこの首の刻印に刻まれています!

フェルナンに以前どこかで会ったか?と聞かれたエデは語り始めます。10年前故郷ジャニナの地で総督の子として会っていること。そしてフェルナンの裏切りにより国を奪われたこと。父がどのように殺され、母子共に奴隷として商人に売り渡された自分達がどういう目に会ったのか―――。会場は思わぬスキャンダルに騒然となります。

エデの告発シーン、もっと派手でも良かった気もする。でもこの程度の告発でうろたえるフェルナンの小物っぷりもステキ。来週以降ボーシャンとかに書きたてられるんだろうなぁ。
でもこのシーンの後で、フェルナンの大統領選に致命的なダメージを与えたエデが自らの行為を悔いるところはなかなか新鮮でしたね。やさしく慰めるアリもGJ。ホンマええ娘や。

伯爵・・・何か、あったんですか?あなたはついに、全てを知ることになる
お別れになるって・・・何故ですか?伯爵ーーーっ!

パリからの知らせを受けた伯爵は、アルベールに帰郷を促します。そして伯爵は告げます。「あなたはついに、全てを知ることになる」と。そしてこれが今生の別れになるやもしれぬ・・・と。アルベールはスパダ号に乗せられ地球へ送り返されます。そこで何が自分を待つのか、全く知らされないままに―――。

わけわからず宇宙船に乗せられ送り返されるアルベールが不憫。そして真実を知ったアルベールがどのような行動に出るのか。ユージェニーをはじめキャラ付けが原作とも違ってきているので楽しみです。

・・・うっうっうっ―
・・・クックックックッ―
ガアッハッハッハッハッ!戻るぞ!悪徳の栄える、都へ!

アルベールを送り出した伯爵は独り物思いに沈みます。椅子に深く沈みこみ頭を抱え嗚咽を漏らす伯爵をベルッチオも神妙に見守ります。ところがしばらくすると、伯爵の嗚咽は不気味な含み笑いに、そして高笑いに変わるのです。そして立ち上がった伯爵は叫びます。
「戻るぞ!悪徳の栄える、都へ!」

イキナリ豹変する伯爵がステキ♪ ベルッチオもびっくり(笑) 来週から復讐鬼モード全開か?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト